手づくりのおもちゃ つくって あそぼう アネッサの体育館が大きな遊び場に!!【市原市】

 8月16日(金)、市原市ボランティア連絡協議会(V連協)主催の『夏休み親子体験教室 つくってあそぼう』が、アネッサ(市原市姉崎保健福祉センター)体育館で開催されました。
市内各地から、未就学児24名・小学生62名・保護者52名の138名が参加。V連協加盟ボランティアグループの60~80歳代のスタッフ68名が、いろいろな手づくりの遊びの楽しさを伝授しました。教えられる人と教える人、年の差何歳? でも始まってみれば年の差なんて感じません。「ここはこうだよ」「こうするの?」もう作るのに夢中です。
 車椅子体験・バルーンアート・風ぐるまや竹とんぼ、浮沈子(ふちんし)、折り紙、びゅんびゅんカエルなど17のコーナーを巡ります。作り上げた輪ゴム鉄砲で、的に当てれば歓声が。紙コプターはストローに厚紙をホチキスで止めただけ。でもこれが体育館の天井近くまで飛ぶんです! 子供たちが紙コプターを追って走り回ります。体育館の外では、竹筒で作った水鉄砲に大興奮。濡れるのもかまわず、何回も力いっぱい水を飛ばす子供たち。1枚の葉っぱからできる本物そっくりのバッタには、お母さんが目を丸くしていました。丁寧に教えてもらってできあがると、親子で大切そうに持ち帰り。お昼にはV連協特製トン汁250人分が振舞われ、午後からの英気を養いました。
 イベント後のアンケートには「今年で3回目」「全部できなかったので、また来年も来たい」「竹とんぼをいっぱい練習して高く飛ばせるようになりたい」「遊び道具を自分で作る、貴重な体験」「優しく、親切に教えてもらえた」等々が記入されました。教えたメンバーたちも思わずニッコリ。昭和生まれのスタッフには見慣れた遊びも、ほぼ平成生まれの親世代、子供たちには初めて体験する遊びも多かったようです。
各地域、各世代の人たちが集まって交流することはお互いに刺激になり、教えている人も教えられることが多かったのではないでしょうか。子どもたちも、おじいちゃん・おばあちゃんを見直したのでは? 今日一緒に遊んだ子供たちが大人になって、またその子供たちにこの遊びを伝えていってくれるといいな~と、楽しそうに遊ぶ子らを見て思いました。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  2. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  3.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  4.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る