ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 ムラサキシキブ

 ムラサキシキブ(紫式部)の見ごろである。弓なりに張り出した枝の葉の付け根ごとに3ミリの核果を沢山付ける。6月に咲いた淡紅紫色の花(4ミリ)より鮮やかな紫色。庭木にも使われる。
 クマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木で高さは3メートル。葉腋に集散花序を付ける。里山ではヤブムラサキ(藪紫)種類も見られ、葉の両面、葉柄、枝、萼などにフワフワした星状毛がある。
 湿地では高さ2メートルのコムラサキ(小紫)、葉はやや小形、枝は帯紫色、実つきがよく、紫式部の商品名で庭木にされることもある。
 白い実がなるのはシロシキブ。葉だけの時はよく似た樹形や葉形もあり存在感が薄い。秋になると、鮮やかな紫色で存在を強くアピールする。
 紫の実を平安時代の紫式部に例えたというが、それより前は何と呼んでいたのか? ミムラサキ(実紫)、タマムラサキ(玉紫)、ムラサキシキミ(紫敷実)、コメゴメ(米々)、等の別名の中に本命があるのかと、考え楽しんだりする。
 幸せ気分が増した最初の出会いも、歩くに連れて意外に数が多いことに驚いた。市原の雑木林では珍しくもなく、ありふれた草木の仲間なのだ。豊かで美しい市原の自然、いつまでも大切に残していきたい。
(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る