ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 ムラサキシキブ

 ムラサキシキブ(紫式部)の見ごろである。弓なりに張り出した枝の葉の付け根ごとに3ミリの核果を沢山付ける。6月に咲いた淡紅紫色の花(4ミリ)より鮮やかな紫色。庭木にも使われる。
 クマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木で高さは3メートル。葉腋に集散花序を付ける。里山ではヤブムラサキ(藪紫)種類も見られ、葉の両面、葉柄、枝、萼などにフワフワした星状毛がある。
 湿地では高さ2メートルのコムラサキ(小紫)、葉はやや小形、枝は帯紫色、実つきがよく、紫式部の商品名で庭木にされることもある。
 白い実がなるのはシロシキブ。葉だけの時はよく似た樹形や葉形もあり存在感が薄い。秋になると、鮮やかな紫色で存在を強くアピールする。
 紫の実を平安時代の紫式部に例えたというが、それより前は何と呼んでいたのか? ミムラサキ(実紫)、タマムラサキ(玉紫)、ムラサキシキミ(紫敷実)、コメゴメ(米々)、等の別名の中に本命があるのかと、考え楽しんだりする。
 幸せ気分が増した最初の出会いも、歩くに連れて意外に数が多いことに驚いた。市原の雑木林では珍しくもなく、ありふれた草木の仲間なのだ。豊かで美しい市原の自然、いつまでも大切に残していきたい。
(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る