私のひとり言

亀の話

  市原市更級地区に住むわが家の庭に亀が5匹ほどいる。以前は養老川沿いに居住していたが、時々田んぼや庭先で見かけ、親の代から親亀2~3匹水槽に入れて子供たちにも触れさせていた。家の移転準備を始めていた20年前、偶然にも庭にやってきた野生亀とその卵に遭遇。植木鉢に移し新天地(更級)に家族と共に移転した。
 移転後の春先、草花を植え替えようと何気なく鉢の土をひっくり返すと、殻の破れた中に子亀が五匹現れビックリする。そして家内は親亀と子亀を水槽で育てた。20年経つと身体は同じでどちらがどうか分らない。夏場は水槽で過ごし、冬が近づくと土の桶に移す。寒くなるといつの間にか土に潜り、姿は見えなくなる。春先になると姿を見せる時も、再び潜り静かな時もある。以前は桶の蓋も簡易的であったことから、ある時庭を歩いている2匹の亀を見つけ慌てたこともあった。その後、家内は水槽に移すまで逃げ出しては困ると、ネットでしっかり縛り管理してきた。
 わが家には小さな水溜まりや僅かな自然の庭もあるので「自然界?に帰してやろう」と家内に話したら「もう何十年も狭い中に閉じ込めていたからね」と今年の夏に庭に放した。水溜まりで顔を出す亀、庭を歩いている亀、庭に卵を産んだ亀など、水槽で見かける姿とは違う様々な出会いを体験している。詳しい亀の分類は分らないが、日本の淡水カメの殆どはイシガメかクサガメと言われクサガメのようだ。幼体時にはゼニガメとも呼ばれ寿命は「亀は万年」とのことわざがあるが、寿命は20~40年とされている。我が家の亀たちも家族ともども長寿であれと願っている。
・相川浩:市原市出身。三井造船で定年まで勤め、退職直後の平成20年、自宅敷地にギャラリー・和更堂を設立。多くの郷土の芸術家と交流する。「更級日記千年紀の会」事務局担当。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…
  2.  市原市立内田小学校が2021年(令和3年)3月に閉校した。明治の開校以来、148年に及ぶ歴史に幕が下りたのだ。個人的には非常に感慨深い。同…
  3.  市原市・市東地区の奈良に、高さ2m余りの釈迦如来像の石仏「奈良の大仏」がある。  平将門が、新皇を名乗りこの地の北方に京を模した都を構え…
  4.  コロナ禍で外での食事を制限されている中、家ではちょっとした工夫を凝らしながら楽しむようにしています。採れたハーブをその日の気分によって何種…
  5. 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アフリカの状況はどうなっているのでしょうか? ルワンダの首都キガリで幼稚園と小学校を設立し、…
  6.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  7.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  8.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  9. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  10.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…

ピックアップ記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る