私のひとり言

亀の話

  市原市更級地区に住むわが家の庭に亀が5匹ほどいる。以前は養老川沿いに居住していたが、時々田んぼや庭先で見かけ、親の代から親亀2~3匹水槽に入れて子供たちにも触れさせていた。家の移転準備を始めていた20年前、偶然にも庭にやってきた野生亀とその卵に遭遇。植木鉢に移し新天地(更級)に家族と共に移転した。
 移転後の春先、草花を植え替えようと何気なく鉢の土をひっくり返すと、殻の破れた中に子亀が五匹現れビックリする。そして家内は親亀と子亀を水槽で育てた。20年経つと身体は同じでどちらがどうか分らない。夏場は水槽で過ごし、冬が近づくと土の桶に移す。寒くなるといつの間にか土に潜り、姿は見えなくなる。春先になると姿を見せる時も、再び潜り静かな時もある。以前は桶の蓋も簡易的であったことから、ある時庭を歩いている2匹の亀を見つけ慌てたこともあった。その後、家内は水槽に移すまで逃げ出しては困ると、ネットでしっかり縛り管理してきた。
 わが家には小さな水溜まりや僅かな自然の庭もあるので「自然界?に帰してやろう」と家内に話したら「もう何十年も狭い中に閉じ込めていたからね」と今年の夏に庭に放した。水溜まりで顔を出す亀、庭を歩いている亀、庭に卵を産んだ亀など、水槽で見かける姿とは違う様々な出会いを体験している。詳しい亀の分類は分らないが、日本の淡水カメの殆どはイシガメかクサガメと言われクサガメのようだ。幼体時にはゼニガメとも呼ばれ寿命は「亀は万年」とのことわざがあるが、寿命は20~40年とされている。我が家の亀たちも家族ともども長寿であれと願っている。
・相川浩:市原市出身。三井造船で定年まで勤め、退職直後の平成20年、自宅敷地にギャラリー・和更堂を設立。多くの郷土の芸術家と交流する。「更級日記千年紀の会」事務局担当。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  2.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  3.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  4.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  5.  内房線の八幡宿駅西口から歩いて10分程にある飯香岡八幡宮は、白鳳3年(675)天武天皇の勅命により八幡宮として創建されたといわれています。…
  6.  長南町の野見金山に、全長1.4㎞のトレッキングロード『のみがね峻道』が完成した。地元有志が結成した『のみがね会』が、約4年の歳月をかけ整備…
  7.  秋の深まる足音が日々ゆっくりと近づいてきています。朝早くに犬と散歩するようになってからは、何か危険な物は落ちていないか、注意しながら足元に…
  8.  今年で11年目となるマザー牧場(富津市)のイルミネーション『光の花園』が11/3から始まった。標高300mの『山の上エリア』で、約60万球…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る