地域の子どもの居場所づくり こども食堂『トイトイ』 【市原市】

 第1と第3(土)の夕方、辰巳台の住宅街の一角。光の子幼稚園に隣接する別棟の平屋に、こども食堂『トイトイ』の旗が出る。15時頃に集まるのは料理を作るボランティアスタッフ。子どもたちと一緒に遊ぶスタッフは16時頃から参加。子どもたちも16時過ぎからやってくる。「今日のメニューはなに?」「盛り付けやるひと!」「はい、お手伝いします!」と終始賑やかだ。 『トイトイ』の開設は3年前の2016年8月。もっと地域貢献できないかと関係者たちが長年考え、子どもたちの居場所づくりとしてスタートさせた。最初は手探りのまま、メニューをカレーのみにし、第1土曜日にオープン。翌年の4月には、メニューの2回に1回をカレー以外に変更。第3(土)が開設されたのは2018年で、現在1年半ほどになる。「今でもそうですが、地域の方にお知らせするのが難しかったですね」と、開設前からの中心メンバーである山本さんは振り返る。「そのうちに、子どもたちに食事を提供するだけではなく、もっと広い意味での『居場所づくり』にしようという形に変わっていきました。子どもたちと一緒に楽しみながら、年配の方たちもボランティアとして貢献できたり、特に目的がなくても、誰でもここに来るとホッとする。そんな場所も必要なのではと思うようになりました」 運営は第1(土)が京葉教育文化センター、第3(土)は辰巳台地区社会福祉協議会が担当。料理は5~6名で行い、1回に作る料理は30名分が目安。現在は献立表があり、様々なメニューを作っている。対象の子どもは就学前~小学生、中学生もOK。平均10名ほどの利用で、多いと30名を数えるときもある。教員免許を持つスタッフがいる第3(土)には、勉強道具や宿題を持ってくる子どもたちもいる。食卓はボランティアスタッフも一緒に囲み、和やかだ。

「米や野菜などの食材は、地域の方の支援が大変ありがたいです。利用料金はその他の食材の仕入れに使います。家でおやつを作って持ってきてくれる人もいるんですよ」と山本さん。ただ、大人300円、子ども100円という料金だけでは運営費はまかなえない。企業から各福祉団体へ贈られる寄付金等を、炊飯器やコップ、ホットプレートなどの家電や食器の購入、不足する毎回の食材費へと充てている。

 山本さんは「私たちには『地域のために』が一番大切なこと。子育てに大変な家族とどうやってつながり、どう子どもたちの助けになれるかがやはり難しいです。理想は週1回の開設。子どもたちの生活の中に定着させていければ、と思っています」と今後の希望を話した。


問合せ:第1(土)山本さん・18時以降
TEL.080・6607・1917
第3(土)永里さん
TEL.090・7254・0820

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る