地域の子どもの居場所づくり こども食堂『トイトイ』 【市原市】

 第1と第3(土)の夕方、辰巳台の住宅街の一角。光の子幼稚園に隣接する別棟の平屋に、こども食堂『トイトイ』の旗が出る。15時頃に集まるのは料理を作るボランティアスタッフ。子どもたちと一緒に遊ぶスタッフは16時頃から参加。子どもたちも16時過ぎからやってくる。「今日のメニューはなに?」「盛り付けやるひと!」「はい、お手伝いします!」と終始賑やかだ。 『トイトイ』の開設は3年前の2016年8月。もっと地域貢献できないかと関係者たちが長年考え、子どもたちの居場所づくりとしてスタートさせた。最初は手探りのまま、メニューをカレーのみにし、第1土曜日にオープン。翌年の4月には、メニューの2回に1回をカレー以外に変更。第3(土)が開設されたのは2018年で、現在1年半ほどになる。「今でもそうですが、地域の方にお知らせするのが難しかったですね」と、開設前からの中心メンバーである山本さんは振り返る。「そのうちに、子どもたちに食事を提供するだけではなく、もっと広い意味での『居場所づくり』にしようという形に変わっていきました。子どもたちと一緒に楽しみながら、年配の方たちもボランティアとして貢献できたり、特に目的がなくても、誰でもここに来るとホッとする。そんな場所も必要なのではと思うようになりました」 運営は第1(土)が京葉教育文化センター、第3(土)は辰巳台地区社会福祉協議会が担当。料理は5~6名で行い、1回に作る料理は30名分が目安。現在は献立表があり、様々なメニューを作っている。対象の子どもは就学前~小学生、中学生もOK。平均10名ほどの利用で、多いと30名を数えるときもある。教員免許を持つスタッフがいる第3(土)には、勉強道具や宿題を持ってくる子どもたちもいる。食卓はボランティアスタッフも一緒に囲み、和やかだ。

「米や野菜などの食材は、地域の方の支援が大変ありがたいです。利用料金はその他の食材の仕入れに使います。家でおやつを作って持ってきてくれる人もいるんですよ」と山本さん。ただ、大人300円、子ども100円という料金だけでは運営費はまかなえない。企業から各福祉団体へ贈られる寄付金等を、炊飯器やコップ、ホットプレートなどの家電や食器の購入、不足する毎回の食材費へと充てている。

 山本さんは「私たちには『地域のために』が一番大切なこと。子育てに大変な家族とどうやってつながり、どう子どもたちの助けになれるかがやはり難しいです。理想は週1回の開設。子どもたちの生活の中に定着させていければ、と思っています」と今後の希望を話した。


問合せ:第1(土)山本さん・18時以降
TEL.080・6607・1917
第3(土)永里さん
TEL.090・7254・0820

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る