ふるさとビジター館 いちはら自然探訪

カゴタケ

 今回は面白い形のキノコをご紹介します。英語でもバードケージ・ファンガイ(鳥かご茸)と呼ばれているスッポンタケ科のキノコです。
初めての出会いは晩秋の里山でした。ピンポン玉のようなものが落ちていたので、拾い上げてみると弾力があってマシュマロのよう。ちょっと手で握りしめると急にぶわっと動いたので、なにコレ?イヤッ!と投げ捨てました。恐る恐る落ちた卵を見てみると、なんと!卵が割れて中から細い腕のようなカゴが現れていました。それは張力のかかっている柔らかい管を、卵のなかに巧妙に折りたたんであったかのようでした。こんな変わったキノコがあるんですねえ!
そして翌年の秋、また別の山でカゴタケと出会いました。写真はその時のもので、割れてから時間がたって完全に展開しています。手前が割れた卵のから。カゴは直径7センチ位で、べったりと緑褐色のグレバ(胞子)が付着していて、甘い香りがしました。調べてみると千葉県では梅雨時から晩秋にかけて、やや自然度の高い林に出るようです。甘い香りは昆虫を集めて胞子を拡散させるためだそう。キノコって形も生き方も様々で本当に面白いですね!
(ナチュラリストネット/加藤恵美子)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る