ふるさとビジター館 いちはら自然探訪

 冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二本の白条をもつ。和名にある「マシコ」とは「猿」のことで、漢字では「紅猿子」と表記する。体の中でも顔の部分が特に真っ赤で、猿のように見え、この名前がついたとされている。ただし、紅色なのは雄であり、雌は全体的に淡い黄褐色で雄に比べて地味である。
 北海道や青森県の一部で繁殖し、秋冬には本州以南へ移動して越冬する。房総丘陵では林縁や疎林、耕作放棄地、草原などで、セイタカアワダチソウをはじめとする草の種子、ハンノキの芽等をついばむ姿が観察できる。美しい姿をぜひとも見たくなるが、下草に潜っていることが多く、警戒心が強いこともあり、姿を見つけることは容易ではない。ただ、「フィッ、フィッ」と鳴く優しい地鳴きを頼りにじっとして待つと姿を現わすことがある。
 渡り直後の秋は、少しくすんだ赤色であるが、北国に戻る春が近づくとともに鮮やかさを増し、繁殖期の北国では、美しい深紅色になる。筆者も、北海道で夏季観察したことがあるが、その紅色の美しさに感動したことを覚えている。「ベニマシコ」は秋の季語とされているそうだ。特徴ある地鳴きが聞こえたら、周囲をそっと探して見よう。もし美しい姿に出会えたら、一句捻ってみてはどうか。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る