吊るし雛に魅せられて【市原市】

 40年余り自宅の一室で開いている洋裁教室で、小物づくりと洋裁を仲間とともに楽しんでいます。私がつるし雛に出会ったのは、平成14年2月、伊豆への家族旅行でした。吊るし雛の話を聞き、実際に作ってみて、その可愛らしさの虜(とりこ)になり、吊るし雛の本場・伊豆稲取へ毎年出かけ、勉強させてもらいました。ある年、毎年泊まっている旅館の女将さんに、自分も作って楽しんでいると話したところ、旅館組合で吊るし雛コンクールを始めたので出してみたら、勧められました。そこで平成22年に出品、認められて見事大賞を射止め、旅館一泊のご招待にあずかりました。
 八幡宿駅構内のギャラリーには、洋裁づくりのときから励みになればと、仲間みんなの作品を展示してきました。今では吊るし雛づくりの人が多くなったので、3月3日の雛祭りに合わせ、3月1日から10日で、展示させていただいております。一度、出展しない年があったのですが、知り合いから「なんで展示しないの?楽しみにしていたのよ」と言われこともあり、毎年行っています。60代から80代のメンバーで楽しみつつ頑張って作っておりますので、今年もぜひ見ていただきたいと思いす。(寄稿・田山静子)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  2.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  3.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  4.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  5.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  6.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  7.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  8.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る