困っている方のために、役立つ交通サービスを 市原ベイタクシー株式会社 代表取締役 小出 雄太 さん【市原市】

 市原市岩崎にある市原ベイタクシー㈱は、この4月から『べんりタクシー』を始めた。体調や高齢などで出かけるのが不安な人のために、買物や薬の受け取りなど、様々な用事を代行し、品物を家に届けてくれるサービスだ。

「市原市は公共交通機関が整っていない地域も多く、新型コロナウイルス感染防止の自粛要請などもあって、困っている方のお役に立てるサービスはないか?と考えました」と代表取締役・小出雄太さん(34)は話す。本来の業務の他に行う救援事業という分野であり、全国的に見ても携わっているタクシー会社はまだ少ないそうだ。「当社でこの業務を担当するドライバーは、訪問介護員有資格者である女性。普段から介護タクシーで送迎などを行っており、買物の商品等、日常の用事でも女性ならではの視点で、細かく対応できると思います」という。
 市原ベイタクシーは創立約60年。グループ会社としてコイデ陸運㈱(旧小出運輸㈲)、観光バスの東京湾岸交通㈱があり、運送のエキスパートといえる。昭和40年にコイデ陸運設立、平成6年には東京湾岸交通がスタートし、市原ベイタクシーは平成に入ってから前オーナーに「事業継承をして欲しい」と相談され、先代社長が引き受けた。介護タクシーは平成12年に県内で初めて開始している。
 2015年、社長に就任した小出さんは、すぐに『子育てタクシー』『陣痛タクシー』を立ち上げている。7歳と2歳のお子さんがいる小出さんは、当時、東京などで始まっていた24時間対応の陣痛タクシーに、これは役に立てる、と実感したという。「家にいる妻に、仕事のある自分は常に付き添っていられない。とっさの時に頼れるサービスがあれば、出産時や子育てで何かあったときも慌てず、妻も私も安心できると思いました」。現在、陣痛タクシーの登録は、総計で優に3000件を越えている。出産予定日と産院を登録しておくので、電話で説明しなくても産院まで送ってもらえる。「タクシーを頼む側も早めに手配できるので、これまで一刻を争うような事態はありませんでした。また、娘さんが使わなくても、ご両親が当社を使ってくださったりします」
 小学生までの子どもがいる家族のための子育てタクシーも登録制。急な子どもの発熱や家族の急用など、トラブルでお迎えが難しいときのコース、指定の場所にお子さんだけを送迎するコースなどがある。「習い事の送迎や特別学級への通学、お母さんの出産で上のお子さんの送迎が必要になったなど、ケースは様々です。このサービスは送迎場所や時間を登録しておくので、ドアtoドア・小さいお子さんでも安心安全で頼める、というのがポイントです」
 小出さんも社長就任前は、介護タクシーのドライバーとして実績を積んできた。普通のタクシードライバーも客の命を預かるプロだが、介護タクシーはさらにその責任が重くなるという。「寝たきりの方をストレッチャーで運ぶので、ひとつ間違うとストレッチャーごと転倒という事故もおき、取り返しの付かない事態も考えられます。大切なご家族ですので、常に気を遣う大変な面はありました」。それでも、在宅介護をしている幾つもの家族から「とにかく助かります。ありがとう」と感謝の言葉をかけてもらえたことが、大きな励みになったそうだ。
 市原ベイタクシーでは、5月からさらに料理店から食事の配達をするデリバリーサービスもスタートする。「陣痛タクシーの登録の多さが示すように、これからも人の役に立つ安心・安全なサービスを市原市内で確立していきたい」と小出さん。べんりタクシーは登録不要、ネットでも電話でも気軽に相談できる。最新のデリバリーサービスなども詳細はHPで。

市原ベイタクシー株式会社
Tel.0436-21-0700
https://bay-taxi.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る