梅雨空も華やぐ 色とりどりのパノラマ 服部農園あじさい屋敷【茂原市】

 茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美に咲き誇る。地域の風物詩ともなり、毎年多くの人々を惹きつけている。

イチゴ農家からあじさい屋敷へ

 あじさい屋敷の始まりは30年程前。先代の服部喜美雄さんが還暦を迎えた時、「荒れている裏山がしのびない」と、あじさいを植え始めたことがきっかけだ。このあじさいは、当時イチゴ専業農家だった喜美雄さんがビニールハウスで挿し木をしたもの。3年程して屋敷を無料で開放すると、沢山の人が訪れるようになり、有名雑誌にも喜美雄さんが取り上げられた。
『はとバス』の観光コースにあじさい屋敷が組み入れられると、他の旅行会社も同様にコースを設定するようになった。トイレや駐車場を設営し、この時期に入園を有料化した。テレビも取材に訪れ、訪問客は益々増加。屋敷前の道路が渋滞するほどとなり、その頃にはイチゴ農家との両立が難しくなっていた。
 喜美雄さんの長男で、現在、代表を務める喜代志さんは、大学の農学部で学び、「イチゴを一生の仕事に」と思っていた。それ故にイチゴ栽培をすべて止め、ビニールハウスを潰して駐車場を拡張したのは、苦渋の決断だったという。それでもあじさいを選んだ理由は、「花が目に飛び込んできた瞬間の、お客様のわぁーという歓声が何にも代えがたい」からだと、喜代志さんは話す。
 あじさいは土壌が酸性だと青、アルカリ性だと赤が濃くなる。日本の山のほとんどは弱酸性の土壌なので、手入れをしないと花の色は水色に変わってしまう。そのため服部農園では赤系の花を多くするよう、肥料でコントロールしている。一言に手入れと言っても、広大な敷地に1万株の規模では苦労は尋常ではない。消毒や枝切り、花の剪定など、斜面での重労働が通年続くため、20名ほどのパートのスタッフも交代で作業している。イチゴ栽培で培った知識と技術も、多く生かされているとのことだ。

コミュニケーションを大切に

 喜代志さんが最も大切にしていることは、「お客様とのコミュニケーション」だ。接客の係員にも、笑顔と挨拶は欠かさぬよう、日頃から話をしている。花を見るだけでなく、会話でも楽しい時を過して欲しいという思いからだ。毎年訪れるリピーターも数多く、中には亡き家族との思い出の場所として、写真や位牌を持ってくる人もいる。そういう人たちが「思い出話をしていってくれることがうれしい」と、喜代志さんは話す。また最近ではインターネットにより、海外からの来訪者も増えた。自転車旅で立ち寄る人や、タクシーで来る人もいて、そういった外国人客にも積極的に話しかけるようにしている。
 園内の数ある品種の中で1番見て欲しいものは、『パリジェンヌ』だという(タイトル写真)。赤色のあじさいで、見頃は6月中旬から下旬だ。「うちのクイーンです。珍しい品種を見て、非日常を味わってほしいと思います」とのこと。とは言え、園内でのお勧めの鑑賞方法は、「何も考えないで歩いてください」と、喜代志さん。「1鉢1鉢ではなく、景観を楽しんでいただきたい。あじさいで錦織りなす景観を目指しています」と、あじさいへの尽きない思いを語る。そのおもてなし精神は、売店でも発揮される。「せっかく来ていただいた方に、農家の目で見て素晴らしいものを提供したい」と、千葉近郊で獲れる野菜や果物を格安で販売している。
 家庭でのあじさいの育て方のコツを伺った。「花の剪定は、まだ惜しいという早めのタイミングですることが大切です。緑色の新茎を残して切り落としてください。鉢植えのあじさいを地植えする場合は、油かすと鶏糞を与えると良いです」。さらに、「乾燥させないよう十分な水分を与えることがポイント」だということだ。
 今シーズンも、服部農園のスタッフが丹精を込めたあじさいが咲きそろい、多くの来園者の目を楽しませている。

 

問合せ:服部農園あじさい屋敷
TEL.0475・24・8511
開園日:6月1日~7月上旬(期間中無休) 
開園時間:8~18時
入園料:大人500円 小人200円 団体(10名以上)400円

●入園券を10組20名にプレゼント!
 郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記し、はがき、FAX、メールにて申込 〆切6/19必着
宛先:〒290の0056
市原市五井4874の1シティライフ編集室・あじさい屋敷入園券係 
FAX0436・21・9142
mail: kiji@cl-shop.com 
・当選発表は入園券の発送をもってかえさせていただきます。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  2.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  3.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  4.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  5.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  6.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  7.  東金市の八鶴湖畔に建つ『八鶴館(はっかくかん)』は、明治創業の割烹旅館として長年人々に愛されてきた。現存する建物は大正から昭和初期に建てら…
  8.  袖ケ浦市久保田在住の淡彩画家、澤井幸男さん。自身の作品『渓流の詩』がドイツ・エアバッハブドウ栽培組合ブランドワインのボトルラベルに採用され…
  9.  先月12月4日(土)、栃木県那須塩原市で行われた第30回関東中学校駅伝競走大会で、千葉県代表として出場した五井中学校と有秋中学校が優秀な成…
  10.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…

ピックアップ記事

  1.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る