ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 ヤナギマツタケ

 昨年6月に笠森観音へ出かけました。このお寺は日本唯一の四方懸造りだそうで、その構造を良く見ようと裏手に回ってみると、カエデから見事なヤナギマツタケが出ていました。
 街中の公園や街路樹のプラタナスなどから出ていることもあるわりと身近なキノコですが、その見事なフォルムには思わず声がもれます。ゆるやかなフレアスカートのような「つば」、その表面にはココアのような胞子がびっしりと付着していました。
 ヤナギマツタケは古くはローマ人も栽培していたとされる食用キノコで、中国からの乾燥品(中国では柳から発生するものを楊樹菇、茶樹から発生する茶薪菇と区別する)も輸入されています。最近は国内でも栽培され、茶樹茸という名前でスーパーなどでも売られるようになりました。味はくせがなくシャキシャキとしてかなり美味しいらしいです。
 エノキタケが野生のものと姿が違うように、栽培品の見た目はすらっと細長くて傘も開いていません。美しいスカートも出ていませんが、もし見かけたら買って食べてみてください。ちなみにマツタケという名前ですが全くの別種で、マツタケの香りはしませんがガッカリしないでね。
(ナチュラリストネット/加藤恵美子)

ナチュラリストネット
自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。TEL.080-5183-9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る