立木早絵(たてきさえ)さん 講演会 可能性を信じ一歩を踏み出す【袖ケ浦市】

 年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会として開催され、全盲のシンガーソングライター・立木早絵さんが『さらなる一歩を踏み出そう』をテーマに、ピアノの弾き語りコンサートを含め講演した。立木さんは冒頭、「私は2歳で失明しましたが、両親は料理や日曜大工ほか、様々なことをさせてくれました。できなければ困るのは自分だと自覚でき、多くのことを学べたと思います」と話した。

 立木さんの人生の転機は、日本テレビの24時間TV。2008年~11年の番組内で津軽海峡縦断の遠泳リレー、トライアスロン、キリマンジャロ登頂と、前例のないチャレンジを完遂したことだった。最初の津軽海峡遠泳は、悪天候のためゴールできず断念したが、翌年は無事にメンバーと一緒に泳ぎぎった。3年目のトライアスロンは、水泳1・5キロ、自転車40キロ、マラソン10キロを完走。登山は18歳で、往復100キロ、約6000メートルの高さを登った。「多くの方の応援があったから頑張れました。貴重な経験ができたことに今も感謝しています」

 終盤の弾き語りでは、オリジナル曲など数曲を披露。会場の参加者と一緒に合唱もした。立木さんは「挫折は苦しく、納得できないことも多い。でも自分に負けるのは嫌いですし、達成すれば少しは成長できるだろうと考えています。人生の荒波は当然あるけれど、七転び八起きで立ち向かう。目標があれば必ず起き上がれるし、可能性があると信じていたい」と締めくくった。参加者は「登山の体験談が興味深かった」「何事も一生懸命に取り組む姿が良い」「諦めず実現させていくことに感銘した。励まされた」など、良い講演だったと話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る