毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前で、最も美味しいと思い込んでいたのですが、身体も歳を重ね、好みも次第に変わってきました。T・テューダーの「伝統は、その方が良いと思ったら自由に変えて良いのです」の言葉通り、縛られる必要性は全くありません。そのうえ新しく挑戦する事によって何かを学ぶかも知れないのです。その様な理由で、今回はオーブンを使わないパンプキンムースタルトを作ってみました。

●材料
19cm程のパイ皿、A生地(全粒粉ビスケット250g、バター150g) 、Bパンプキンムース(南瓜120g、黒糖50g、クリームチーズ100g、ナツメグ&シナモンパウダー共に小さじ1/2、バニラエッセンス数滴、粉ゼラチン2g)、 Cホイップクリーム(生クリーム100ml、黒糖5g、粉ゼラチン1g) 、シナモンパウダー適量

●作り方
・A生地
①ビスケットをジップロックに入れ、麺棒を使って均等に粒状になるまで細かく砕く/② ①をボウルに移し、溶かしたバターを入れて良く捏ねる/③ ②パイ皿の上に乗せ、皿全体を覆う様に伸ばす。

・Bパンプキンムース
①南瓜を圧力鍋に入れ、沸騰後弱火で5分程かけ、圧が抜けてから取り出す/②粉ゼラチンを大さじ2杯程の湯に入れ溶かす/③ ①と②と残りのBの材料をミキサーに入れ攪拌し、Aの生地の上に均等に流し冷蔵庫の中で1時間程寝かす。

・Cホイップクリーム作り
①粉ゼラチンを大さじ2杯分程の湯で溶かす/②生クリームをボウルに入れ、ハンドミキサーで攪拌し7分程に仕上げ、①と黒砂糖を加えて更に泡立てる/③冷やしたBの上にCを伸ばし、シナモンパウダーを振り、更に冷蔵庫で2〜3時間寝かせて出来上がり。

長谷川良二
市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…
  2.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  3.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  4.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  5.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  6. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  7. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  8.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

ピックアップ記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る