平和の尊さを伝える 飯沼で戦没者慰霊式【市原市】

 9月22日、市内飯沼の曹洞宗・龍昌寺で戦没者慰霊式が行われた。今年は太平洋戦争の終戦から75年。戦争の実体験を語り伝える人々が少なくなるなか、寺の檀家役員と松原住職が「戦争の惨禍をこのまま風化させてはならない」との想いで主催。檀家、飯沼町会の各世帯に参列を呼びかけ、追悼法要を営んだ。
 檀家総代代表・齋藤さんは「市原市では太平洋戦争に従軍した人たちを中心に、各小学校区ごとに忠霊塔を建て、それぞれの地区で慰霊祭が行われてきました。近年は従軍した人の多くが亡くなり、慰霊祭も開催されず、忠霊塔そのものも消滅してしまった地区もあるようです。龍昌寺脇には日露戦争、太平洋戦争の戦没者墓地があり、戦争で多くの犠牲があったこと、それが今の日本の平和の礎になったことを、慰霊祭によって地域で伝える機会にしたいと考えました」と話す。
 当日は天気に恵まれたこともあり、感染拡大防止のため1世帯2名までと制限をしたが、中学生から80代までと多くの住民が参列。厳かに黙祷、読経、焼香を行い、最後に戦没者の墓碑に多くの線香を手向けた。式典の追悼の言葉のなかで齋藤さんは「郷土史を研究していた濱田和夫氏の著書『飯沼あれこれ』にも飯沼の戦争記録が掲載されており、今回、戦没者ご家族への聞き取り調査も踏まえ、加筆修正しました」と日露戦争・太平洋戦争の戦没者と従軍者の一覧について報告。飯沼では太平洋戦争で35名が従軍、うち10名が戦死したという。「世の中の変化の激しい時代でも私たちは平和の尊さ、戦争の理不尽さを語り継がねばならないと思います」と哀悼の意とともに語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る