平和の尊さを伝える 飯沼で戦没者慰霊式【市原市】

 9月22日、市内飯沼の曹洞宗・龍昌寺で戦没者慰霊式が行われた。今年は太平洋戦争の終戦から75年。戦争の実体験を語り伝える人々が少なくなるなか、寺の檀家役員と松原住職が「戦争の惨禍をこのまま風化させてはならない」との想いで主催。檀家、飯沼町会の各世帯に参列を呼びかけ、追悼法要を営んだ。
 檀家総代代表・齋藤さんは「市原市では太平洋戦争に従軍した人たちを中心に、各小学校区ごとに忠霊塔を建て、それぞれの地区で慰霊祭が行われてきました。近年は従軍した人の多くが亡くなり、慰霊祭も開催されず、忠霊塔そのものも消滅してしまった地区もあるようです。龍昌寺脇には日露戦争、太平洋戦争の戦没者墓地があり、戦争で多くの犠牲があったこと、それが今の日本の平和の礎になったことを、慰霊祭によって地域で伝える機会にしたいと考えました」と話す。
 当日は天気に恵まれたこともあり、感染拡大防止のため1世帯2名までと制限をしたが、中学生から80代までと多くの住民が参列。厳かに黙祷、読経、焼香を行い、最後に戦没者の墓碑に多くの線香を手向けた。式典の追悼の言葉のなかで齋藤さんは「郷土史を研究していた濱田和夫氏の著書『飯沼あれこれ』にも飯沼の戦争記録が掲載されており、今回、戦没者ご家族への聞き取り調査も踏まえ、加筆修正しました」と日露戦争・太平洋戦争の戦没者と従軍者の一覧について報告。飯沼では太平洋戦争で35名が従軍、うち10名が戦死したという。「世の中の変化の激しい時代でも私たちは平和の尊さ、戦争の理不尽さを語り継がねばならないと思います」と哀悼の意とともに語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  森や川に生息する動植物などを観察し、親子で自然を楽しみましょう!4月27日(土)、9月7日(土)、11月9日(土)の全3回に渡って行い、講…
  2.  いつの間にか春も盛り。寒いうちに庭木に寒肥(肥料)を与えておこうと思ったのに遅くなってしまいました。寒い時は庭仕事がどうしても億劫になって…
  3. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…
  4. 『リーダーハーフェン』は1982年結成の男声合唱団で、42年間その歌声を響かせてきた。構成は、トップテノール・セカンドテノール・バリトン・…
  5.  多くの映画ファンを虜(とりこ)にした女優オードリー・ヘプバーンを、前半・後半と2回に分けて掲載します。ヘプバーンは今でも日本や欧米諸国で人…
  6.  昔から『言葉3割、行動7割』という言葉があります。「子どもは親の言うことの3割までしか身に付けないが、親の行うことはその7割以上を身に付け…
  7.  市原市姉崎小学校を拠点に活動している剣道『錬心舘市原道場』。設立は1987年と長い歴史を持ち、小中学生を中心にこれまで数多くの卒業生を育て…
  8. 【写真】本須賀海岸(当写真は特別な許可を得て撮影しています)  マリンアクティビティのイメージが強い九十九里エリア。成田国…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る