今年は年の始めからコロナウイルスの問題が起こり、解決出来ないまま1年も終わろうとしています。ほとんどの方が日常生活や仕事の上で大変な思いを経験したに違いありません。国をまたいで自由に旅行出来る今の時代は、人間が媒介する事によって容易に世界中の至る所までウイルスを拡散させてしまいます。英国の研究では地球の環境破壊が原因となり、将来コロナよりも更に強力なウイルスが蔓延する可能性が高いとの事です。
 中世時代のヨーロッパでペストが大流行した時、南フランスで「4人の泥棒の酢」と言う逸話が残っています。この泥棒達は死体から金品を盗む際、酢にローズマリー、セージ、タイム、ラベンダーを混ぜたハーブビネガーを身体中に塗り込んで感染から身を守っていたのです。酢と共にこれらのハーブは殺菌効果がある事で知られています。コロナウイルスに対してワクチンも薬もない今の状況では、この中世の泥棒の様に自分で工夫をしながら身を守るしかありません。免疫力を高める手段として、日常生活と共にハーブを活用してみてはいかがでしょうか? 今月はクリスマスの定番料理、上記のタイム、ローズマリー、セージを使ったローストビーフを作ってみました。

●材料 牛肉ブロック、ローズマリー・タイム・セージの葉、塩胡椒 少々、柚子果汁
●作り方
①ローズマリー、タイム、セイジの葉を枝から取り、細かく刻む。
②牛ブロックに①と塩胡椒をまんべんなく擦り込み、フライパンに油をひいて、強火で各表面にしっかり焼き目をつける。
③ ②を真空パックにするかラップで包んで、フリーザーバッグの中に入れ、出来るだけ空気が入らないようにする。
④鍋の水を60度にし、③を入れたら浮かないように皿を被せ、温度を保ちながら30分ほど置く。
⑤取り出したら皿に肉を切り分け、柚子果汁をかけて出来上がり。

 

長谷川良二
市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…
  2.  12月13日(日)、山武市蓮沼交流センターにおいて同センター主催の『米粉いらずのお米蒸しパン教室』が開催された。新型コロナ感染予防のため、…
  3.  里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾っ…
  4.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  5.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  6.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  7. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  8.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  9.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  10.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…

ピックアップ記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る