二人舞台の朗読劇~語りの表現の魅力~【千葉市】

 来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文学座所属、南一恵さん。山本周五郎作『おもかげ抄』、芥川龍之介作『蜘蛛の糸』を二人舞台でつとめる。
 見上さんは県内外の文化施設などで演劇ワークショップを行うほか、高校・大学等で演劇講師をしている。つかこうへいさんや岡部耕大さんなどの舞台にも多く立ってきたが、コロナ禍で大人数の出演する作品や大声で対面し会話する舞台が難しくなるなか、『朗読劇』という語りの芝居の魅力を届けてくれる。南さんは舞台で『華岡青洲の妻』『女の一生』『ハムレット』など、TVではNHK大河ドラマ『篤姫』、映画では『黒い雨』『日々是好日』などに多数出演。6年前、高校演劇科で教えていた見上さんの依頼で、ともに朗読劇を生徒たちに見せたという。
 今回の『おもかげ抄』は見上さんがそのときに朗読して以来、代表作のひとつとなった作品。講師をする大学でも学生が「ちゃんと朗読できるようになりたい」と練習に励んでいるそう。見上さんは「伸び伸びと表現活動を行えない昨今、名作を口に出すことで『心が動いていく喜び』を感じ取って頂けるような舞台にしたい」と言う。
 開演は15時から。全席自由3000円、学生2000円(未就学児入場不可)。予約等の問合せは千葉県文化会館まで。
TEL.043・222・0201

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る