ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 ~ニシキギとコマユミ~

 モミジの紅葉が関東で一番遅いといわれる房総でも、早くから紅葉する樹々がある。里山の散策路にみられるニシキギ(錦木)もその一つ。ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木で高さ1~3メートル。葉は対生、長さ2~7センチの長楕円形。花は淡緑色で大きさ8ミリの集散花序。
 秋の紅葉が錦のように美しいことからニシキギと名付けられた。枝にコルク質の翼が4枚、十字に発達した姿から、主に園芸用に使われる。里山に自生するニシキギには翼が発達していないものが多く、特に翼がないものをコマユミ(小真弓)といい、区別している。たいていは葉が茂って翼は見えにくい。葉が落ちた後か、葉を掻き分けられるほど近づかないとこの判別は難しい。写真はコマユミ。
 ニシキギもコマユミも、紅葉は下段の枝先から幹に向かい、上段へとゆっくり紅くなる。緑の葉と紅い葉とその中間の色が1本の木に混在して、錦模様になる。全葉が一斉に紅葉する樹々とは趣が異なる。葉陰から覗く橙赤色の実も錦に色を添える。
 里山散策では、緑が残る林の中に1本だけ紅葉している樹が見つかることが時々ある。双眼鏡で見る葉の模様だけで、種類を判別するのは難しい。名前が判らずとも美しさは堪能できる。秋の紅葉が長い期間楽しめるのも自然が豊かな証。いつまでも大切に残したい。
(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る