『五井朝市』夜のまちに吹く朝の風!【市原市】

 毎月第3日曜の7時半~10時、JR五井駅西口のアーケード・シンコープラザで開催の朝市。弁当や地元の野菜、果物などを販売、すぐに売り切れてしまう店も。居酒屋が多い夜のまちに早朝から提灯が灯り、大勢の市民で賑わっている。

『五井朝市』を立ち上げたのは、地域活性化を目指す市の講座『第1回リノベーションスクール@市原』(昨年12月開催)の参加者4人。『星野農園』代表の星野真人さん、『きまぐれカフェClover』代表の山内恵子さん、『開宅舎』代表の高橋洋介さん、『房総ローカリスト』のぽんちゃさん(都内会社勤務)だ。アーケード内はコロナ禍で休業を余儀なくされた店と空き店舗でシャッター街となっていた。4人は講座内で現地調査と討議を重ね、通りに人を呼び込むことが肝心と考え、『五井朝市』に行き着いたという。
 今年4月、4人は活動を始めた。環境作りのための掃除を重ねながら、近隣の店舗や商工会、同じ講座に参加した他のチーム、無印良品(アリオ)のスタッフ、市役所職員、一般の人たちなど仲間を増やした。「SNSで取り組みを知って、皆さんが手伝ってくれて…。わいわい楽しんで作業しました」と星野さん。同時に近隣店舗へメニュー開発と出店の呼びかけを行い、朝食メニューを皆で試食しながら各飲食店との関係性を構築した。
 8月29日、ついに第1回五井朝市を開催。市内からはイタリアンの『とらんとらん』、果物の『おおもりや』、小料理の『虎徹』、洋菓子の『フェリシア』、ハワイ料理の『キャリオカ』、実験農園『SUNファーム市原』など、千葉市からも天然素材のハウスクリーニング『おそうじひとしずく』が出店。また、「アレルギーに配慮した焼き菓子店『よろこびの種』を計画中」という双子の深澤さんや、「地域の農家をつないで新鮮野菜の販路を広げたい」と話す永田さんなど、夢多き若者たちも集結。早朝から市民が訪れ、人気のタコライスは約30分で完売、おいしい果物ジュースも次々にオーダーが入った。
 出店数は回を重ねるごとに増えている。第2回から参加の『鶏酒場いち』の店主は「コロナでずっと閉めていましたけど、じっとしているよりやっぱりお客さんを迎えたいですね」と話す。実行委員の4人は「朝市をもっともっと多くの人に知ってもらって駅前に賑わいが戻ったら…」と口にする。『#夜のまちに朝食を』を合い言葉に、地域を盛り上げる志と熱意が人から人へと伝播する五井朝市。次回予定は11月21日。あなたも是非お出かけを。

問合せ:星野真人さん
Tel.090・4930・6237

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る