ふるさとビジター館 ~いちはら自然探訪 ジョウビタキ(メス)~

 毎年この時期「ヒッ、ヒッ、ヒッ」の澄んだ良く通る声を聞くことがある。もうすぐ冬がやって来ると感じさせてくれる冬鳥のジョウビタキの声だ。スズメとほぼ同じ大きさの小鳥で、多くはシベリア方面から海を渡って来る。一般的には、銀髪の頭に黒い顔、鮮やかなオレンジ色の胸、一対の白い斑点がある黒い羽根、オレンジ色の尾羽を持つ美しいオスが注目され人気がある。
 しかしながら、私のように、メスが好きという人も少なくない。羽に一対の白い斑点があることとオレンジ色の尾羽はオス同様だが、体全体が灰褐色で、オスに比べれば地味であるが、とにかく可愛い。白いアイリングの中に黒い瞳のつぶらな目がたまらない。時折尾羽を上下に振り、首を傾げながら周囲の様子を伺う仕草には癒される。比較的人に対して警戒心が薄く、間近でその可愛らしさを感じることができる。
 多くは、10月下旬から12月にかけて房総半島を通り抜け更に南下するが、一冬滞在する個体もいる。「ヒッ、ヒッ、ヒッ」は縄張り宣言のようで、合間に「カッ、カッ、カッ」という声を発する。林縁や草地、身近な公園で、地面に降りたり木に止まったり忙しく動き回り、クモや木の実を食する姿を見かけることができるが、庭先にもひょっこり現れることがある。「ヒッ、ヒッ、ヒッ」の澄んだ声が聞こえたら探して見よう!皆さんは、オスとメスどちらがお好みかな?
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る