ふるさとビジター館 ~いちはら自然探訪 ジョウビタキ(メス)~

 毎年この時期「ヒッ、ヒッ、ヒッ」の澄んだ良く通る声を聞くことがある。もうすぐ冬がやって来ると感じさせてくれる冬鳥のジョウビタキの声だ。スズメとほぼ同じ大きさの小鳥で、多くはシベリア方面から海を渡って来る。一般的には、銀髪の頭に黒い顔、鮮やかなオレンジ色の胸、一対の白い斑点がある黒い羽根、オレンジ色の尾羽を持つ美しいオスが注目され人気がある。
 しかしながら、私のように、メスが好きという人も少なくない。羽に一対の白い斑点があることとオレンジ色の尾羽はオス同様だが、体全体が灰褐色で、オスに比べれば地味であるが、とにかく可愛い。白いアイリングの中に黒い瞳のつぶらな目がたまらない。時折尾羽を上下に振り、首を傾げながら周囲の様子を伺う仕草には癒される。比較的人に対して警戒心が薄く、間近でその可愛らしさを感じることができる。
 多くは、10月下旬から12月にかけて房総半島を通り抜け更に南下するが、一冬滞在する個体もいる。「ヒッ、ヒッ、ヒッ」は縄張り宣言のようで、合間に「カッ、カッ、カッ」という声を発する。林縁や草地、身近な公園で、地面に降りたり木に止まったり忙しく動き回り、クモや木の実を食する姿を見かけることができるが、庭先にもひょっこり現れることがある。「ヒッ、ヒッ、ヒッ」の澄んだ声が聞こえたら探して見よう!皆さんは、オスとメスどちらがお好みかな?
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る