ふるさとビジター館 ~いちはら自然探訪 ジョウビタキ(メス)~

 毎年この時期「ヒッ、ヒッ、ヒッ」の澄んだ良く通る声を聞くことがある。もうすぐ冬がやって来ると感じさせてくれる冬鳥のジョウビタキの声だ。スズメとほぼ同じ大きさの小鳥で、多くはシベリア方面から海を渡って来る。一般的には、銀髪の頭に黒い顔、鮮やかなオレンジ色の胸、一対の白い斑点がある黒い羽根、オレンジ色の尾羽を持つ美しいオスが注目され人気がある。
 しかしながら、私のように、メスが好きという人も少なくない。羽に一対の白い斑点があることとオレンジ色の尾羽はオス同様だが、体全体が灰褐色で、オスに比べれば地味であるが、とにかく可愛い。白いアイリングの中に黒い瞳のつぶらな目がたまらない。時折尾羽を上下に振り、首を傾げながら周囲の様子を伺う仕草には癒される。比較的人に対して警戒心が薄く、間近でその可愛らしさを感じることができる。
 多くは、10月下旬から12月にかけて房総半島を通り抜け更に南下するが、一冬滞在する個体もいる。「ヒッ、ヒッ、ヒッ」は縄張り宣言のようで、合間に「カッ、カッ、カッ」という声を発する。林縁や草地、身近な公園で、地面に降りたり木に止まったり忙しく動き回り、クモや木の実を食する姿を見かけることができるが、庭先にもひょっこり現れることがある。「ヒッ、ヒッ、ヒッ」の澄んだ声が聞こえたら探して見よう!皆さんは、オスとメスどちらがお好みかな?
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る