数年前にホーリーバジルの種をご近所のYさんに分けて頂いて、それ以来、毎年夏が始まる頃に種を蒔き、秋が深まる頃に新しくできた種を収穫し、またその次の年のために備えています。毎年毎年、同じ様に種を蒔き、できた種をまた次の年に蒔くという同じ作業の繰り返しです。植物達はそうやって懸命に命を未来に繋いでいきます。
 毎年、沢山の種ができてしまうので、使いきれないほどの苗を育ててしまい、さらにまた沢山の種ができます。Yさんもやっぱり自身の畑で同じ様な事を繰り返して、その出来過ぎた収穫を毎年の様に2人で笑いながら分かち合っていました。
 そんなYさんが先日病気のため、あっという間に天国へと旅立って行ってしまいました。Yさんは無肥料無農薬の自然農法を始めるきっかけの方でした。これからもYさんから頂いた種は、今までの様に育てて、ずっとずっと命を繋いでいこうと思います。
 今回は毎年この時期に作るお気に入りのラフランスケーキを紹介します。
●材料:薄力粉200g、卵3個、グラニュー糖130g、無塩バター150g、ベーキングパウダー小さじ1と1/2、ラム酒と牛乳共に少々、ラフランス中サイズ3個
●作り方
①オーブンを180度に温めておく。薄力粉とベーキングパウダーを振るいにかけ、皮を剥いたラフランスをサイコロ状に刻む。
②ボウルの中へ室温に戻したバターを入れ、ハンドミキサーでクリーム状になるまで攪拌する。
③ ②に砂糖を3回ほど分けながら加え、更に攪拌。
④ ③に軽く溶いた卵を少しづつ加え攪拌を続ける。
⑤ ④に薄力粉とベーキングパウダーを一気に入れ、ゴムべらでざっくりとムラができない様に混ぜる。
⑥ ⑤に刻んだラフランス、ラム酒、牛乳を入れ均等に行き届く様に混ぜる。
⑦パウンドケーキ型、18㎝なら2つ、25㎝なら1つに流し込み、熱したオーブンに入れ、45分程焼いて出来上がり。

長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る