数年前にホーリーバジルの種をご近所のYさんに分けて頂いて、それ以来、毎年夏が始まる頃に種を蒔き、秋が深まる頃に新しくできた種を収穫し、またその次の年のために備えています。毎年毎年、同じ様に種を蒔き、できた種をまた次の年に蒔くという同じ作業の繰り返しです。植物達はそうやって懸命に命を未来に繋いでいきます。
 毎年、沢山の種ができてしまうので、使いきれないほどの苗を育ててしまい、さらにまた沢山の種ができます。Yさんもやっぱり自身の畑で同じ様な事を繰り返して、その出来過ぎた収穫を毎年の様に2人で笑いながら分かち合っていました。
 そんなYさんが先日病気のため、あっという間に天国へと旅立って行ってしまいました。Yさんは無肥料無農薬の自然農法を始めるきっかけの方でした。これからもYさんから頂いた種は、今までの様に育てて、ずっとずっと命を繋いでいこうと思います。
 今回は毎年この時期に作るお気に入りのラフランスケーキを紹介します。
●材料:薄力粉200g、卵3個、グラニュー糖130g、無塩バター150g、ベーキングパウダー小さじ1と1/2、ラム酒と牛乳共に少々、ラフランス中サイズ3個
●作り方
①オーブンを180度に温めておく。薄力粉とベーキングパウダーを振るいにかけ、皮を剥いたラフランスをサイコロ状に刻む。
②ボウルの中へ室温に戻したバターを入れ、ハンドミキサーでクリーム状になるまで攪拌する。
③ ②に砂糖を3回ほど分けながら加え、更に攪拌。
④ ③に軽く溶いた卵を少しづつ加え攪拌を続ける。
⑤ ④に薄力粉とベーキングパウダーを一気に入れ、ゴムべらでざっくりとムラができない様に混ぜる。
⑥ ⑤に刻んだラフランス、ラム酒、牛乳を入れ均等に行き届く様に混ぜる。
⑦パウンドケーキ型、18㎝なら2つ、25㎝なら1つに流し込み、熱したオーブンに入れ、45分程焼いて出来上がり。

長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る