ホキ美術館 チケットプレゼント!『野田弘志 新作展 神仙沼─保木将夫氏に捧ぐ─』

 千葉市緑区のホキ美術館にて、『野田弘志新作展 神仙沼─保木将夫氏に捧ぐ─』を5月22日まで開催している。同作品は85歳の野田氏が自ら最後の風景画とする284・2×696・8cmの大作。北海道ニセコ山系の厳しい自然の中にある無数の生と死をみつめている。2021年6月に逝去したホキ美術館創設者保木将夫氏が存命中に完成を望みながら叶わず、野田氏が追悼の気持ちを込め描き上げた。「写実とはうっとりするようにきれいなものではなく、存在のはかなさ、凄みを捕まえていくもの」と同氏は語る。「まだまだ描き足りない。あと10年生きて挑戦したい」と意欲は尽きない。これまで同館所蔵最大の作品だった北海道有珠山の噴火を描いた野田氏の『蒼天』200×395cmと、同作の2作品が隣り合う迫力の展示となっている。
 併せて開催中の『永遠の瞬間 静物画展』では、五味文彦、青木敏郎、小尾修による新作8点を含む約40点を展示。41歳以上の作家を対象とした公募展『第2回プラチナ大賞』の入選作52点は3期に分け順次展示される。入館には前日までにホームページか電話にて事前予約が必要。開館時間は10時~17時半。休館は火曜日(祝日の場合は翌日)及び12/29~1/1。一般1830円、高校・大学生・65歳以上1320円、中学生910円、小学生以下無料。

問合せ:ホキ美術館
Tel.043・205・1500
https://www.hoki-museum.jp/

●プレゼント
 本展招待券を5組10名様にプレゼント。はがき、FAX、メールにて申込。郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記の上、シティライフ編集室・ホキ美術館招待券係宛。1/7(金)必着。
宛先:〒290の0056 市原市五井4874の1
Fax.0436・21・9142
mail:kiji@cl-shop.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…
  2.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  3.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  4.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  5.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  6.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  7.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  8.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…
  9. 「晴れたら市原、行こう。」をコンセプトに、2014 年からトリエンナーレ形式で開催されてきた「いちはらアート×ミックス…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る