広い園内に豊かな自然と様々な施設が融合した総合都市公園~千葉県立青葉の森公園~【千葉市】

 春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が各所で楽しめる自然豊かな都市公園だ。カルチャー、レクリエーション、ネイチャー、スポーツの4エリアに分かれ、多くの施設も点在している。

樹木、花、鳥と自然の見どころいっぱい

春はサクラ、冬はウメの花が多品種咲く

 青葉の森公園は、広大な農林水産省畜産試験場跡地に整備された。試験場は昭和55年に筑波研究学園都市に移転し、その後、昭和62年から平成8年にかけ、スポーツ施設、中央博物館、芸術文化ホール、おはなみ広場、公園センター、つくしんぼの家などを順に供用。現在は『新千葉県立図書館等複合施設』の整備で、ネイチャーゾーンのはらっぱが令和2年10月下旬から工事中となっている。

 園内をめぐる遊歩道は数多く枝分かれし、アップダウンもかなりある。大木も多く、様々な木が植えられ、場所や季節で色々と変わる景色が楽しめる。その広さと入り組んだ地形から迷う人もいて、管理事務所に「目的地に着けない」と問合せの電話もかかってくるそうだ。4つのゾーンをつなぎ、ぐるりとまわる外周の園路は、特にランナーやウォーキングする人たちに人気で、雨でも雪でも構わず、熱心に通ってくる人たちもいる。芝生の広場や土の道、地形を活かし自然に近い状態で植えられた草花と、あまり造りこまれていない緑豊かなエリアもあり、ドッグランも整備されていることから、愛犬の散歩で訪れる人も多い。

 公園センターでは園内の地図や花みどころマップ・樹木マップなどをもらえるので、それらを片手に散策することがオススメだ。7月からは、園内各所でハギ、サルスベリ、ムクゲ、ハマゴウ、ザクロなどが咲き、センター近くの森のガーデンでは宿根草や一年草、ハーブなどが年間を通し楽しめる。樹木18選として、中央広場のケヤキ、イヌシデをはじめ、スダジイ、ヤマボウシ、ハンノキ、トチノキなど観察するコースもある(約2キロ・ゆっくり歩いて80分)。野鳥も多く、あちこちで様々な鳴き声が聞こえる。四季を通じて写真撮影する人も多い。

水の広場

 夏の一番人気は、8月末まで開場する『水の広場』。泉、雲、波をイメージした噴水があり、浅い流れに入って遊べるため、毎年家族連れで賑わっている。今年は新しい遊具も登場し、7月16日にオープン。ただしコロナ禍のため、状況により人数制限など入場方法を変更する場合もあるので、HPで要確認。また、同じく子どもたちに人気なのが『つくしんぼの家』のミニ工作体験。ほぼ毎日開催しており、7月は『お星さまかざり』、8月は『なつやすみのおもいで』、9月は『やじろべえで遊ぼう』。予約不要で無料、材料がなくなり次第終了。不定期で休みになるので、こちらも事前に確認を。

各プログラムを楽しむ

園内には昔の東金街道も残されている

 園内の施設では、様々な講習会も行われている。『つくしんぼの家』では『こども工作教室』、管理事務所では『フィールド教室』、『緑の相談所』では『緑の教室』を実施。こども工作教室はプログラムにより年少~小学生対象で、各回定員12名、要予約。7月下旬から8月下旬の間に、両面星座早見盤、スイーツデコ、ソーラー工作、陶芸、木工、紙すきうちわ、パステルアートなど10教室が予定。センター1階の『緑の相談所』は、(水)(木)(土)の10~12時・13~16時で花や緑に関する相談ができる。緑の教室は、子どものための生きもの探検、家庭菜園の基礎、秋バラの剪定などをこの3カ月間に予定。他にクラフト作品を中心とした『緑の創作教室』もある。フィールド教室では、予約不要のウォーキング教室が最も人気。基礎を学ぶコースは月1回、『みんなでウォーキング』は、月2~3回実施の10キロ以下コースと3カ月に1回の10キロ以上コース(お昼持参)がある。7月には星空観測会、9月には懲り・痛み・疲れの改善教室を実施。体幹教室は予約不要で毎週金曜日、ヨガ教室も毎週火曜日に開催中。

 その他、季節により愛犬教室、樹木医と歩く、園内ガイドツアー、洋ラン栽培、バードウォッチング、ハーブティー作り、寄せ植え、ちりめん細工、ゲームなど、室内から園内を歩くものまで、プログラムはとにかく多種多様。特に専任の講師によるガイドで園内を歩く講座は好評だ。公園センター1階の『森のギャラリー』では作家やグループ主宰の作品展も随時行われている。歩いてよし、体験してよしの緑豊かな公園で、あなたも季節ごとの楽しみ方を見つけてみては。各プログラムの詳細はHPで確認を。

 

問合せ
・管理事務所
 Tel.043・208・1500
・つくしんぼの家
 Tel.043・208・1506
・緑の相談所
 Tel.043・208・1510

 

※開催イベント等により駐車場が満車となる場合があります。混雑状況などはHPにて。また、公共交通機関もご利用ください。
https://www.cue-net.or.jp/kouen/aoba

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る