およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、一週間冷蔵庫の中で寝かし、次は塩を抜き、乾燥させてから7時間もの間燻製します。時間や手間がかかったとしても、その大変な過程すらも愛しいと思われる程、燻製した肉は眩しいくらいに黄金色に光り輝いて、しかも美味しすぎるが故に、ハム作りに対しては興味がそそられませんでした。ですがここ数年、自分自身をハーブ王子と名乗ってしまった以上は、ハーブを使ったレシピを一つなりとも避けて通る事など出来ない、と思うようになってきました(笑)。そういう訳で誰もが簡単に作れるハムのレシピを探し出し、自分なりにアレンジしてみました。
 肉の加工品には沢山の種類と量の食品添加物が使われており、家族や自分の健康を守る上で真っ先に考えなくてはならない食品と言われています。肉は傷みやすいのでどうしても添加物に頼らざるをえないのです。自分自身で作った物は、材料が分かるだけに安心して食べる事が出来ます。手作りハムを一度食べたらその美味しさに感動するでしょう。

 

・材料:豚ロースか肩ブロック500g、塩10g、胡椒5g、ニンニク(スライス)1片、タイム1枝、セイジ葉3枚、ローズマリー枝5cm、ベイリーフ1枚(ハーブ類は手に入らなければ全部揃える必要はありません)、オリーブオイル大さじ3 

 

・作り方
①塩胡椒を肉の表面に手でまんべんなく刷り込む。
②密閉できる保存袋に①と残りの材料を入れ、全体を揉み込み、密封してまる1日寝かせる。
③60~70度の湯で90分湯煎する(温度が高くなったら水を足して調整)。
④肉を取り出し、キッチンペーパーなどで水分を拭き取り、フライパンにオリーブオイルをひいて強火で肉の表面に焼き色をつけて、出来上がり。

 

 

長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る