ふるさとビジター館 自然探訪~美しい小鳥・キビタキ~

 水辺の宝石カワセミやオオルリなどの美しい小鳥をきっかけに野鳥好きになる人は多いが、キビタキがきっかけになる人も多いと聞く。ヒタキ科の夏鳥として、南国から繁殖のため日本など北東アジアに渡って来る野鳥だ。体長13.5㎝、オスは羽など背中部は黒色だが、黄色の眉班があり、喉から腹が黄色く、特に喉部はオレンジに近い鮮やかな色の美しい小鳥である。
 全国的に見られるが、房総丘陵での繁殖数は多くないため、春と秋の渡り途中の市街地の公園や街路樹がチャンスである。木々の中にいることが多く、体色が葉の緑の保護色になるため、探し出すことは困難だが、「ピッコロ」とコジュケイやツクツクボウシに似た軽やかでテンポ良い囀りを手掛かりに、美しい姿を見つけられると嬉しくなる。
 英名はナルシッサス・フライキャッチャー。フライキャッチャーは、飛んでいる虫を捕える行動由来。ナルシッサスは、「水仙」を意味するようだが、水面に映った自分の姿に恋をして、溺死し水仙の花になったと言われるギリシャ神話の美少年ナルシスが由来ともされる。確かに、オスは人の目に鮮烈な印象を与える。比べてメスは地味な暗緑色で目立たない色だ。安全で効率的な繁殖のためとされているが、オスとのあまりのギャップに驚く。
 声を手掛かりに新緑の森で探して見よう。見つけることができたら、あなたも野鳥好きになることは間違いない。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

 

◇ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  2.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  3. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  4.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  5.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  6. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  7. 「丈部大麻呂」は上総国市原郡の郡司の子息であり、奈良東大寺の瑠舎那大仏(るしゃなだいぶつ)の表面をメッキするに必要な金の産出に成功し、無位…
  8.  4月30日(火)まで、八千代市大和田にある京成バラ園バックヤードにて『オズの国のストロベリーハント』のイベントが開催される(雨天決行)。『…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る