ふるさとビジター館 自然探訪~美しい小鳥・キビタキ~

 水辺の宝石カワセミやオオルリなどの美しい小鳥をきっかけに野鳥好きになる人は多いが、キビタキがきっかけになる人も多いと聞く。ヒタキ科の夏鳥として、南国から繁殖のため日本など北東アジアに渡って来る野鳥だ。体長13.5㎝、オスは羽など背中部は黒色だが、黄色の眉班があり、喉から腹が黄色く、特に喉部はオレンジに近い鮮やかな色の美しい小鳥である。
 全国的に見られるが、房総丘陵での繁殖数は多くないため、春と秋の渡り途中の市街地の公園や街路樹がチャンスである。木々の中にいることが多く、体色が葉の緑の保護色になるため、探し出すことは困難だが、「ピッコロ」とコジュケイやツクツクボウシに似た軽やかでテンポ良い囀りを手掛かりに、美しい姿を見つけられると嬉しくなる。
 英名はナルシッサス・フライキャッチャー。フライキャッチャーは、飛んでいる虫を捕える行動由来。ナルシッサスは、「水仙」を意味するようだが、水面に映った自分の姿に恋をして、溺死し水仙の花になったと言われるギリシャ神話の美少年ナルシスが由来ともされる。確かに、オスは人の目に鮮烈な印象を与える。比べてメスは地味な暗緑色で目立たない色だ。安全で効率的な繁殖のためとされているが、オスとのあまりのギャップに驚く。
 声を手掛かりに新緑の森で探して見よう。見つけることができたら、あなたも野鳥好きになることは間違いない。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

 

◇ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る