ふるさとビジター館 自然探訪~黄色い綺麗なキセキレイ~

 キセキレイは、よく街中で見かけるハクセキレイの仲間ですが、個体数が少なくなっていることや、渓流や川原などの水辺を好んで生息しているため、ハクセキレイほど頻繁には出会えません。もし、街中で出会えたらとても幸運です。

 キセキレイは、全長約20センチ、細身で尾が長く、その名のとおり胸からお腹にかけて黄色、頭から背中にかけて灰色、目の上には白い眉斑(まゆはん)があります。九州以北のほぼ全国で繁殖し、渓流、川原、水田などの水辺環境に生息しています。千葉県レッドデータブックでは、Bランク重要保護生物に指定されています。

 餌は、主に水生昆虫類で、尾羽を上下にフリフリしながら水辺を歩いて捕食します。また、飛んでいる昆虫類を空中で捕まえるフライングキャッチも得意です。

 水辺で「チチンチチン」という心地よい鳴き声が聞こえたら、よく周りを見てください。黄色い綺麗なキセキレイがすぐ側に来ているかもしれません。

(ナチュラリストネット/時田良洋)

 

◇ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る