こでまりの夢

こでまりの夢
~「いつかは終わる」けど・・

 うちの子どもたちがまだ小さかった頃、ご近所に同じくらいの子どもを持つ同年代のママ友のAさんがいました。3人の子どもはやんちゃで言うことをきかない子でしたが、子どもが騒いでも我がままを言っても叱らず、黙って静かに受け答えをする方でした。私はいつもAさんを見ていて、「物静かで冷静に子育てしていて、すごいな」と思っていました。そんなAさんがある日、ポツリとつぶやいたのです。「いつかは終わるから…」。『子育ての大変さもいつかは終わるから、今は辛抱し我慢する』ということだったようです。
 私はそれまで、Aさんは子育てに詳しくて余裕があるのかと思っていましたので、そんなことを考えていたなんてビックリしました。しかし、本当は子育てが大変だったのを辛抱し、やりたいことも我慢していたのです。私はAさんのことを誤解していました。
『いつかは終わる』と思うことは間違いではないです。でも、常に辛抱して我慢していたら、子育ては楽しいものではなくなります。時には「お母さんだって泣きたい時もあるのよ」と、子どもと一緒に泣いたっていいし、家族に甘えたっていいのです。家庭の中でお母さんだけが辛抱し我慢しているなんて、家族もきっと嬉しくはないでしょう?
 それに、いつかは終わるとわかっているのなら、辛抱や我慢ではなく、子どもと一緒に泣いたり笑ったりして、子どもとの時間を共有して楽しんだらいいと思いました。親自身の気持ちを表現することも、子育てには必要なことなんだと思います。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る