新鮮いちごの収穫体験に大満足

新鮮いちごの収穫体験に大満足

 JA山武郡市農産物直売店『山武緑の風』には、大網、山武、東金、成東各店に食育ソムリエが置かれ、地元産野菜や果物の旬や調理法、保存方法などを消費者へアドバイスしている。また年1回程、料理講習会や野菜収穫体験などを実施して消費者と生産者との交流を図ってきた。
 そんな食育ソムリエ倶楽部が主催する収穫体験が5月15日(水)に行われた。今回は『いちご摘み&ジャム作り』。東金市のいちご農家のビニールハウスへ入るやいなや、20名の参加者たちは無心にいちごを摘みはじめた。手に持つ箱にはみるみるうちにいちごの山。「摘むだけじゃなくて、お腹にもお土産を入れてください」という農家さんの声にいちごを持つ手は口に。「甘~い」、「今まで食べていたいちごと違う」と驚きの声があがるほどいちごは濃厚でとても甘かった。
 いちごジャムは、アクを取りながらひたすら強火で煮詰めるだけ。今回は保存がきくようにとイチゴの50%の砂糖を使用。山のようないちごと自分たちで作ったジャムをお土産に、「楽しかった」と参加者たちは大満足の1日だったようだ。

問合せ JA山武郡市産直課
TEL 0475・82・3271

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  2.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  3.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  4. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  5.  長生郡長南町市野々の丘陵地帯に、公益財団法人日本生態系協会が運営する樹木葬墓地『森の墓苑』がある。苑内では、『森と草はらの再生プロジェ…
  6.  茂原市で活動するチェンソーカービング同好会『くさりのこくらぶ』では、4月に『アマビエ様』を制作、茂原市内に設置した。代表の木一吉さん(きい…
  7. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る