新鮮いちごの収穫体験に大満足

新鮮いちごの収穫体験に大満足

 JA山武郡市農産物直売店『山武緑の風』には、大網、山武、東金、成東各店に食育ソムリエが置かれ、地元産野菜や果物の旬や調理法、保存方法などを消費者へアドバイスしている。また年1回程、料理講習会や野菜収穫体験などを実施して消費者と生産者との交流を図ってきた。
 そんな食育ソムリエ倶楽部が主催する収穫体験が5月15日(水)に行われた。今回は『いちご摘み&ジャム作り』。東金市のいちご農家のビニールハウスへ入るやいなや、20名の参加者たちは無心にいちごを摘みはじめた。手に持つ箱にはみるみるうちにいちごの山。「摘むだけじゃなくて、お腹にもお土産を入れてください」という農家さんの声にいちごを持つ手は口に。「甘~い」、「今まで食べていたいちごと違う」と驚きの声があがるほどいちごは濃厚でとても甘かった。
 いちごジャムは、アクを取りながらひたすら強火で煮詰めるだけ。今回は保存がきくようにとイチゴの50%の砂糖を使用。山のようないちごと自分たちで作ったジャムをお土産に、「楽しかった」と参加者たちは大満足の1日だったようだ。

問合せ JA山武郡市産直課
TEL 0475・82・3271

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る