茂原七夕まつりに行こう!

茂原七夕まつりに行こう!

 夏の風物詩『茂原七夕まつり』が、7月26日(金)から28日(日)まで開催される。今年で59回目の開催。来年の第60回開催に向けて更にパワーアップ!
 今年は「市民(みんな)で創る楽しむ夢の七夕まつり」というコンセプトのもと、「より華やかに、より楽しく、より盛大に」と、多くの市民の力を結集して開催。
 開催時間は10時から20時(27日(土)は21時まで)。
街を彩る七夕飾りは、市内各商店街等に約350本の笹飾りが取り付けられ、装飾重点地区内には約30個の企業装飾が。他、市内中学校や長生郡内高校11校による飾り付けがJR茂原駅ロータリーに、茂原市役所前、豊田川の一部川辺には約40本の竹飾りも装飾。
 また、夜は装飾に灯りが入り、昼とは違った美しさ。27日19時半からローソクを立てた鯛ちょうちんを持った子どもたち約300名による幻想的な行列も。同日13時から20時10分まで郷土芸能発表会が行われる。
 そしてイベントもお見逃しなく。祭り気分を盛り上げる市民や市内企業も参加する七夕踊りは、情緒豊かな『もばら阿波おどり』や元気がもらえる『YOSAKOI踊り』が披露される。28日10時からは子どもみこしパレード。
 26、27日には長生・中房総地域の物産展を開催。メイン会場フェスタ21前では、願い事コーナーやおみくじを実施。3日間、七夕一色に街が染まる。是非、「日本の夏!!」を満喫しに出かけてみよう。

問合せ 茂原七夕まつり実行委員会
TEL 0475・22・3361

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る