茂原七夕まつりに行こう!

茂原七夕まつりに行こう!

 夏の風物詩『茂原七夕まつり』が、7月26日(金)から28日(日)まで開催される。今年で59回目の開催。来年の第60回開催に向けて更にパワーアップ!
 今年は「市民(みんな)で創る楽しむ夢の七夕まつり」というコンセプトのもと、「より華やかに、より楽しく、より盛大に」と、多くの市民の力を結集して開催。
 開催時間は10時から20時(27日(土)は21時まで)。
街を彩る七夕飾りは、市内各商店街等に約350本の笹飾りが取り付けられ、装飾重点地区内には約30個の企業装飾が。他、市内中学校や長生郡内高校11校による飾り付けがJR茂原駅ロータリーに、茂原市役所前、豊田川の一部川辺には約40本の竹飾りも装飾。
 また、夜は装飾に灯りが入り、昼とは違った美しさ。27日19時半からローソクを立てた鯛ちょうちんを持った子どもたち約300名による幻想的な行列も。同日13時から20時10分まで郷土芸能発表会が行われる。
 そしてイベントもお見逃しなく。祭り気分を盛り上げる市民や市内企業も参加する七夕踊りは、情緒豊かな『もばら阿波おどり』や元気がもらえる『YOSAKOI踊り』が披露される。28日10時からは子どもみこしパレード。
 26、27日には長生・中房総地域の物産展を開催。メイン会場フェスタ21前では、願い事コーナーやおみくじを実施。3日間、七夕一色に街が染まる。是非、「日本の夏!!」を満喫しに出かけてみよう。

問合せ 茂原七夕まつり実行委員会
TEL 0475・22・3361

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る