輪ゴム、帆、風船でエコハイブリッドカー作り

輪ゴム、帆、風船で
エコハイブリッドカー作り

 8月8日(木)、茂原市本納公民館に真っ黒に日焼けした小学生男女7人が集合した。この日行われたのは夏休み工作教室『エコハイブリッドカーを作ろう』。指導したのは、『茂原発明クラブ』事務局長の仲澤澤司さんと同クラブ指導員の飯塚薫さんだ。
 まず最初に「良いものと良いものを組み合わせて、もっと良いものにする」というハイブリッドの意味を聞いた子どもたち。今回はエコということで、輪ゴム、帆、風船を使って車を走らせる。市販のキットが用意されていたが、ところどころ作りやすいよう手が加えられていた。キットを手にすると、ハサミを器用に使い組み立てていく。約1時間もするとほぼ完成。
 ここで仲澤さんから質問。「この車を水の上で走らせるにはどうしたらいいと思う?」。子どもたちからは、「逆さまにしてプロペラで走らせる」、「風船を膨らませて浮かす」、「帆を張って風で走らせる」などいろいろな意見が出た。が、今回は発泡スチロールをビート板にみたて車体の下に張ることに決定。
 さてエコカーが完成したら試走だ。「車が好きだから友だちと参加した」という男の子は、「風の抵抗をよくする」とストローを切って車体の前、横にダウンホースをつける懲りよう。そして広い部屋に移りどこまで走るか競争だ。スーッと走っていく車もあれば、すぐ止まってしまったり、逆走するものと様々。子どもたちはみんな大騒ぎだ。
「おもしろかった」という子どもたちに、仲澤さんから「夏休みいろいろなことを考えてみよう」とひと言。みんなどんな夏休みを過ごしたかな?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る