勝浦で「観光プラス体験」

勝浦で「観光プラス体験」

 勝浦といえば、ビッグひなまつりやカツオまつり等のイベントや朝市、海水浴場、そして海中公園や鵜原理想郷など数多くの観光スポットでも有名。更に、ここ数年全国でも脚光を浴びている名物、勝浦タンタンメンありとで来訪者は多い。
 そんな勝浦の観光・飲食・朝市や移住定住(空き家バンク)の情報提供に加え、体験教室や電動アシスト付き自転車の貸出を行っているのが、『カッピービジターセンター』。勝浦漁港前の市営駐車場に隣接している。
 海山の幸に恵まれた食や名所旧跡巡りだけでなく、観光客に一層勝浦での滞在を楽しんでもらおうと始められた体験教室。毎月、勝浦ならではの『ところてん作り』や『干物』作り『貝殻すだれ』、『ビーチヨガ』等、また『とんぼ玉』、『つるカゴ作り』などバラエティーに富んだ教室が開かれている。だいたい2時間ぐらいで終了し、気軽に子どもも大人も参加できる内容。
 今夏、『ところてん作り』の体験教室に伺った時は、新勝浦市漁業協同組合女性部の皆さんが、地元勝浦で採れたてんぐさを天日干しして水にさらしたものを使って、参加者に手とり足とり指導していた。和気あいあいとした雰囲気の中で作られたところてん。皆、美味しそうに完食。
 ちなみに、今後の教室開催予定は、次の通り。12月1日(日)・8日(日)『ちょっと美味しい勝浦散歩』、『季節のタペストリー』。12月7日(土)『とんぼ玉』。12月8日(日)、『つるカゴ&リース』。12月14日以降も色々、例えば12月22日(日)には『里山で餅つき』等々、来年1月以降の開催についても予定されているので、定員が決まっているため、お早めに。詳細・申込は同センターへ。

問合せ カッピービジターセンター
TEL 0470・73・2500

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…
  2.  市原市立内田小学校が2021年(令和3年)3月に閉校した。明治の開校以来、148年に及ぶ歴史に幕が下りたのだ。個人的には非常に感慨深い。同…
  3.  市原市・市東地区の奈良に、高さ2m余りの釈迦如来像の石仏「奈良の大仏」がある。  平将門が、新皇を名乗りこの地の北方に京を模した都を構え…
  4.  コロナ禍で外での食事を制限されている中、家ではちょっとした工夫を凝らしながら楽しむようにしています。採れたハーブをその日の気分によって何種…
  5. 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アフリカの状況はどうなっているのでしょうか? ルワンダの首都キガリで幼稚園と小学校を設立し、…
  6.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  7.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  8.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  9. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  10.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…

ピックアップ記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る