麻雀で物忘れ防止

女性健康麻雀同好会

 麻雀というと、タバコの煙が充満する部屋で男性たちがお金をかけて遊ぶギャンブルというダークなイメージだったが、今や(お金を)賭けない、(アルコールを)飲まない、(タバコを)吸わないの3ないマナーで楽しく遊ぶ『健康麻雀』が主流。茂原街道沿い茂原市長谷の『麻雀店どらちゃん』でも、そんな健康麻雀を楽しむ女性だけのサークル『女性健康麻雀同好会コスモス』が、昨年11月から活動をスタートさせた(毎週木曜日、10~16時)。
「もともとは、この場所(どらちゃん)の麻雀サークルで楽しんでいたのですが、やはり9割が男性で、ペースやレベルが合わなかったり、初めての方は入りにくかったりするので、女性のみのサークルを立ち上げました」と話すのは代表の井手口美枝子さん。現在会員は8名。平均年齢は60代だそう。
 井手口さんは東京の出身。3年前に茂原へ引っ越してきたが、知り合いはひとりもいなかった。「もうノイローゼになりそうでした。で、昔ちょっとやったことのあった麻雀をやろうと思って飛び込んだのが最初。おかげで友達もでき、今は情報交換の場として楽しくやってます」と、今や麻雀は二の次、ここでみんなと話をするのが楽しいと笑う。
 また井手口さんと一緒に代表を務める塩田純代さんも、「話しながら頭を使って、指も使う麻雀は物忘れ防止にもいいですよ。お昼はみんなお弁当を持ち寄って楽しくおしゃべりしながら食べます。もちろん初心者の方も大歓迎です」と話す。女性専用トイレ、駐車場も完備。麻雀で友だちができ物忘れ防止となれば、一石二鳥かも。

問合せ 井手口美枝子さん
TEL 080・3094・1556
問合せ どらちゃん
TEL 0475・26・5233

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る