麻雀で物忘れ防止

女性健康麻雀同好会

 麻雀というと、タバコの煙が充満する部屋で男性たちがお金をかけて遊ぶギャンブルというダークなイメージだったが、今や(お金を)賭けない、(アルコールを)飲まない、(タバコを)吸わないの3ないマナーで楽しく遊ぶ『健康麻雀』が主流。茂原街道沿い茂原市長谷の『麻雀店どらちゃん』でも、そんな健康麻雀を楽しむ女性だけのサークル『女性健康麻雀同好会コスモス』が、昨年11月から活動をスタートさせた(毎週木曜日、10~16時)。
「もともとは、この場所(どらちゃん)の麻雀サークルで楽しんでいたのですが、やはり9割が男性で、ペースやレベルが合わなかったり、初めての方は入りにくかったりするので、女性のみのサークルを立ち上げました」と話すのは代表の井手口美枝子さん。現在会員は8名。平均年齢は60代だそう。
 井手口さんは東京の出身。3年前に茂原へ引っ越してきたが、知り合いはひとりもいなかった。「もうノイローゼになりそうでした。で、昔ちょっとやったことのあった麻雀をやろうと思って飛び込んだのが最初。おかげで友達もでき、今は情報交換の場として楽しくやってます」と、今や麻雀は二の次、ここでみんなと話をするのが楽しいと笑う。
 また井手口さんと一緒に代表を務める塩田純代さんも、「話しながら頭を使って、指も使う麻雀は物忘れ防止にもいいですよ。お昼はみんなお弁当を持ち寄って楽しくおしゃべりしながら食べます。もちろん初心者の方も大歓迎です」と話す。女性専用トイレ、駐車場も完備。麻雀で友だちができ物忘れ防止となれば、一石二鳥かも。

問合せ 井手口美枝子さん
TEL 080・3094・1556
問合せ どらちゃん
TEL 0475・26・5233

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る