ひょっとして、1位は私かも?

 2月16日、東金市にある八鶴湖周辺でユニークなイベント『第2回辺田方トレイルラン』が開かれた。真面目に走ってもよし、景色を見ながらブラブラ歩いてもよしの観光マラソン。速さを競うのではなく、参加者には内緒で予め設定された『隠しタイム』にどれだけ近づけるかが勝利のポイントとなる。距離はフルマラソンの10分の1の4・2195キロ。主催は東金商工会議所まちづくり観光委員会。委員長の前嶋(まえじま)康夫さんは「参加者にとことん楽しんでもらいたいと思い企画しました。遠くで見てないで一緒に楽しみましょう」と話す。『辺田方』とういうのは、東金の15世紀頃までの呼び名だとか。
 コースは日吉神社の鳥居からスタートし、八鶴湖を一周、傾斜のきつい七曲坂を登って山王台へ。岩川池を回り山王台展望広場で給水したら古山王神社の前を通り再び七曲坂を下って八鶴湖を半周したらゴール。給水所では、東金市非公認キャラ『やっさくん』が参加者の誘導に一役買っていた。最後尾は地元で人気のアイドル『YASSA Comachi』(やっさこまち)が追走。制限時間は1時間だが、おおらかな前嶋さん「せっかくだから待ちましょうよ」とオーバータイムした最後の走者を大勢の拍手が出迎えた。
 参加者は最年少の幼稚園生から老若男女、城西国際大学野球部の団体合わせて138名。最速の22分33秒で戻ってきた女性は「坂はかなりきつかったけれど高台では海も見え、木もれ日の中を気持ちよく走ることができました」、56分かけてゴールしたご夫婦は「何十年も住んでいるけれど七曲坂は始めて。楽しくウオーキングできました」と話した。仲良しの友達同志、あるいは親子共々笑顔でゴールに駆け込む姿も多く見られた。
 トレイルラン終了後は湖畔にある料亭『八鶴亭』で豚汁と甘酒が振る舞われ、ステージに再び『YASSA Comachi』が登場。誰もが口ずさめるメロディーに地元への愛情をたっぷり乗せたオリジナル曲を披露。イベントは更なる盛り上がりを見せ、表彰式へ。今回の『隠しタイム』はジャスト31分。見事1位に輝いた60代の女性は「この年で優勝できるなんて。嬉しいです」と感想を述べた。体力に自信のない人も、こんな大会なら勝てるかも?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  房総丘陵の豊かな自然に恵まれた長生郡長南町。深い緑に抱かれて、季節の花々も美しい。『野見金公園』と『熊野の清水公園』は、町民が丹精込めた手…
  2.  市原を中心とした房総の地域史を調査・研究している「房総古代道研究会」は、このたび調査報告書『市原市の六十六部廻国供養塔』と会誌『房総古代道…
  3.  ツルナは、海辺の砂地に生える海浜植物。花は黄色、葉は肉厚で三角からひし形のような形です。表面は細かい粒状突起に被われているので、ざらつき白…
  4. 「書は人の生き方に通じます。山があり谷があり、ピークはどこ、四季の移ろいは、といつも言うんです」と穏やかな笑顔で語るのは、かな書道講師の野…
  5.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…
  6.  上総国分寺は市原市国分寺台地区、市原市役所近く。市役所から見ると道路を挟んだ市民会館の裏手になります。今から1250年ほど前に建立され、現…
  7.  大多喜町で工房・阿弥陀窯(あみだよう)代表の陶芸家として活動している井口峰幸(たかゆき)さん(65)。今年1月、自身が長年研究し続けてきた…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 2021年6月16日市原市より新型コロナワクチン接種に係る64歳以下の方への接種券の発送及び65歳以上の方の予約枠の追加についての情報が公開…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る