ひょっとして、1位は私かも?

 2月16日、東金市にある八鶴湖周辺でユニークなイベント『第2回辺田方トレイルラン』が開かれた。真面目に走ってもよし、景色を見ながらブラブラ歩いてもよしの観光マラソン。速さを競うのではなく、参加者には内緒で予め設定された『隠しタイム』にどれだけ近づけるかが勝利のポイントとなる。距離はフルマラソンの10分の1の4・2195キロ。主催は東金商工会議所まちづくり観光委員会。委員長の前嶋(まえじま)康夫さんは「参加者にとことん楽しんでもらいたいと思い企画しました。遠くで見てないで一緒に楽しみましょう」と話す。『辺田方』とういうのは、東金の15世紀頃までの呼び名だとか。
 コースは日吉神社の鳥居からスタートし、八鶴湖を一周、傾斜のきつい七曲坂を登って山王台へ。岩川池を回り山王台展望広場で給水したら古山王神社の前を通り再び七曲坂を下って八鶴湖を半周したらゴール。給水所では、東金市非公認キャラ『やっさくん』が参加者の誘導に一役買っていた。最後尾は地元で人気のアイドル『YASSA Comachi』(やっさこまち)が追走。制限時間は1時間だが、おおらかな前嶋さん「せっかくだから待ちましょうよ」とオーバータイムした最後の走者を大勢の拍手が出迎えた。
 参加者は最年少の幼稚園生から老若男女、城西国際大学野球部の団体合わせて138名。最速の22分33秒で戻ってきた女性は「坂はかなりきつかったけれど高台では海も見え、木もれ日の中を気持ちよく走ることができました」、56分かけてゴールしたご夫婦は「何十年も住んでいるけれど七曲坂は始めて。楽しくウオーキングできました」と話した。仲良しの友達同志、あるいは親子共々笑顔でゴールに駆け込む姿も多く見られた。
 トレイルラン終了後は湖畔にある料亭『八鶴亭』で豚汁と甘酒が振る舞われ、ステージに再び『YASSA Comachi』が登場。誰もが口ずさめるメロディーに地元への愛情をたっぷり乗せたオリジナル曲を披露。イベントは更なる盛り上がりを見せ、表彰式へ。今回の『隠しタイム』はジャスト31分。見事1位に輝いた60代の女性は「この年で優勝できるなんて。嬉しいです」と感想を述べた。体力に自信のない人も、こんな大会なら勝てるかも?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る