世界で一番幸せな国 ブータン的生活に憧れて

写真家 関 健作さん

 2011年秋、南アジアにある小国ブータンのワンチュク国王夫妻が来日されたのは記憶に新しいが、そのとき有名になったのが、ブータン独自の国の指標であるGNH(国民総幸福量)だった。ブータン国民の97%が幸福と感じているというのだ。そんな幸せな国に憧れ、夢を実現させたのが、カメラマンとして活動する横芝光町在住の関健作さん(30)だ。2007年1月から約3年間、関さんは青年海外協力隊の体育教師としてブータンへ赴任した。憧れ続けたブータンは、その後の関さんの人生に大きな影響を与えることになった。
 小学校時代から走ることが大好きだった関さんは、大学まで陸上一筋の人生を歩んできた。400mハードルで高校時代は全国でもトップクラスにいたが、順天堂大学へ進学すると、「悩みました。陸上の世界では勝たなければ価値がないわけです。僕は練習中のケガもあり、本来の走りができなくなると結果も出せず、自分自身に価値が感じられなくなっていって…」、素直に笑えなくなり、心がすさみ、友達の勝利も心から喜べなくなっていったという。
 そんなときに目に飛び込んできたのが、テレビから流れるブータンで体育を教える女性の紹介番組だった。「青い空の下で子どもたちと楽しそうで、子どもたちの笑顔が本当に素敵だった。そのときビビビっときて行くしかないって思ったんです」と関さん。

 もともとヒマラヤに興味があったという関さんは、引退試合が終わるとすぐに、まず自転車でのチベット高原横断の旅に出た。3カ月に及ぶ旅で、ひとつひとつ目標をクリアしていくと、「失いかけていた自信が戻ってきた」という。そして、「世の中には違う価値観があって、いろいろな生き方があることを知れた、とてもためになった旅でした」

 帰国後、まったく就活をしていなかった関さんだったが、青年海外協力隊の募集にブータンへの体育教師派遣を見つけ、猛勉強のすえ見事合格。ようやく憧れの国、世界で一番幸せな国といわれるブータンへ向かったのだった。

 同期でブータンへ赴任したのは7人。だが、首都から車で3日かかる田舎町に派遣された関さんは、赴任地でたったひとりの日本人だった。不安はまったくなかったというが、母国語はゾンカ語、授業は英語という中で、「先生のくせに英語もしゃべれないしゾンカ語もわからないって、子どもたちにすごいバカにされて、必死でゾンカ語を勉強しました」。結果3カ月で会話はできるようになり、夢もゾンカ語でみるようになったとか。
 肝心の体育は、そもそも体育という授業がなく、「体育って何?」からだったそう。道具もないから、ゴミを丸めてボールを作ったり、竹を切ってバトンやハードルを作って教えた。近代的なものは何もなかったが、きれいな大自然の中で子どもたちの最高の笑顔に囲まれ、村の人たちも優しく、関さんは幸せな日々を送っていた。

 任期を終え日本に戻った関さんは教員になった。が、人の目を気にして周りに合わせ、足並みを揃える日本の教育現場にいたたまれなくなり、「迷いましたけれど、まだ挑戦したい欲求のほうが強く、できるところまでやってみようと教員は辞めました」。教えること、伝えることが好きだという関さんは、ブータンで撮りためた写真で写真展を開き、講演などを通じてブータンの素晴らしさを伝える活動を始めた。昨年夏には、写真紀行『ブータンの笑顔』(径書房・税抜1600円)も刊行した。
「日本には何でもあるけれど、みんな経済を潤すために働いて、結果環境が汚染され、人もすり減っている。ブータンは経済的に遅れています。でも、僕からしたら宝の詰まった国です。子どもたちの親はほぼ教育を受けていないけど、自然の中で生き抜く知恵を知っている。ブータンの人は自然や大切な人と過ごす時間を大切にしているし、自分たちらしさを捨てていない。僕もそういう生き方をしたいと思っています」と語る関さんは、この先、ブータン的な生活を目指し、田舎で自給自足に挑戦する予定だ。そして写真家として「第2の故郷」ブータンとはずっと関わっていきたいという。(菅家)

問合せ 関健作さん
http://kensakuseki.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  2. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  3. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  4. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  5. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  6. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…
  7. カゴタケ  今回は面白い形のキノコをご紹介します。英語でもバードケージ・ファンガイ(鳥かご茸)と呼ばれているスッポンタケ科のキノコです。 初…
  8.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  9. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  10.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…

ピックアップ記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る