五七五に人生乗せる

『砂時計色とりどりの時刻む』大網白里市、中部コミュニティセンターで活動している『暖流川柳会』の会員、阿川明美さんが詠んだ句だ。「十七音で世界一短い小説を作るのが川柳です。今日の自分をつくりあげてきた様々な知識と体験から自分だけの表現を生み出す。1人の人間の歴史とも言えますね」と話すのは講師の安延春彦さん(74)。朝日新聞全国版の『朝日川柳』では7年間で240回の入選、千葉版でも入選多数で年間表彰受賞。また本紙外房版の『お好きに川柳』では80回連続入選歴を持つ。
 常に笑いのある明るい雰囲気の同会会員は60歳から80歳までの16名。毎月2つのお題について句を提出し、翌月、匿名で並べた句をみんなで解読、会員それぞれが点数をつける。さらに安延さんが添削、加点し、特選や秀逸を選び表彰する。川柳についてだけではなく、知識を広げるために、昔流行った歌から各国の社会情勢まで話題を広げて勉強していくのが同川柳会の特徴だ。
「何事もしっかりと観察し、掘り下げるように考察して真実を捉え、ユーモアのスパイスを効かせること。続けていると興味や発見が増え、人生が面白くなります」と安延さん。「先生は頭脳明晰で博識。評やお話がとても面白いです。毎回刺激があって飽きないですね」とある女性会員は目を輝かせた。
 4年前に入会した男性は「エッセイを書いているが、川柳は全く違う。初めはいい句が作れなかったが、最近では地方の新聞社で入選するほどになった」と手応えを感じているようだ。活動は毎月第2・4火曜の13時半から15時半まで。また、同曜日の9時半から12時までは東金市の中央公民館で『ときがね川柳会』開講。会費は両会とも月1000円。

問合せ 安延さん
TEL090・4957・5595

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  2. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  3. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  4. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  5. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  6. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…
  7. カゴタケ  今回は面白い形のキノコをご紹介します。英語でもバードケージ・ファンガイ(鳥かご茸)と呼ばれているスッポンタケ科のキノコです。 初…
  8.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  9. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  10.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…

ピックアップ記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る