五七五に人生乗せる

『砂時計色とりどりの時刻む』大網白里市、中部コミュニティセンターで活動している『暖流川柳会』の会員、阿川明美さんが詠んだ句だ。「十七音で世界一短い小説を作るのが川柳です。今日の自分をつくりあげてきた様々な知識と体験から自分だけの表現を生み出す。1人の人間の歴史とも言えますね」と話すのは講師の安延春彦さん(74)。朝日新聞全国版の『朝日川柳』では7年間で240回の入選、千葉版でも入選多数で年間表彰受賞。また本紙外房版の『お好きに川柳』では80回連続入選歴を持つ。
 常に笑いのある明るい雰囲気の同会会員は60歳から80歳までの16名。毎月2つのお題について句を提出し、翌月、匿名で並べた句をみんなで解読、会員それぞれが点数をつける。さらに安延さんが添削、加点し、特選や秀逸を選び表彰する。川柳についてだけではなく、知識を広げるために、昔流行った歌から各国の社会情勢まで話題を広げて勉強していくのが同川柳会の特徴だ。
「何事もしっかりと観察し、掘り下げるように考察して真実を捉え、ユーモアのスパイスを効かせること。続けていると興味や発見が増え、人生が面白くなります」と安延さん。「先生は頭脳明晰で博識。評やお話がとても面白いです。毎回刺激があって飽きないですね」とある女性会員は目を輝かせた。
 4年前に入会した男性は「エッセイを書いているが、川柳は全く違う。初めはいい句が作れなかったが、最近では地方の新聞社で入選するほどになった」と手応えを感じているようだ。活動は毎月第2・4火曜の13時半から15時半まで。また、同曜日の9時半から12時までは東金市の中央公民館で『ときがね川柳会』開講。会費は両会とも月1000円。

問合せ 安延さん
TEL090・4957・5595

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る