仲間と楽しむ家庭菜園

 野菜作り同好会『菜友』は、毎月第2水曜の10時から12時まで成東中央公民館を拠点に活動している。元農林水産省勤務の武井實さんを講師に招き、作物の特性、育て方、健康へ及ぼす影響についての講義を受けたり、9名のメンバーそれぞれの畑へ順に出向き、代表者の鈴木謙治さんを中心に、実習を通して情報交換を行ったりしている。同会は山武市主催の野菜作り講座で知り合ったメンバーで平成23年に結成。家庭菜園を楽しんでいる仲間たちだ。
 取材当日の7月9日は鈴木さんが自宅の庭で、効率よく農作業できる十数種類の道具を冗談を交えながら楽しく紹介するところからスタート。そして、成長したキュウリの苗への追肥の仕方を実演した。
 雑草避けと保湿のために設置してあるマルチをめくり化成肥料を施す。畝脇の雑草を根ごと取り、施肥後、再び土を被せるまでの道具は頭の部分が三角の形をした『三角ホー』1本でOK。細い白い根は空気と栄養分を吸収するため傷つけないように。太くて真下に深く伸びた根は水分を吸収する役目がある。
 20センチくらいのキュウリが既に実をつけていた。「一番美味しいのは『今採り』だよ、ハイ」と鈴木さん。もぎたてのキュウリは新鮮でとても瑞々しかった。トマトやナスの苗も見学し、ジャガイモ掘りを体験したあと畝の作り方を学習。畝は、クワや三角ホーなどで耕し、苦土石灰を施して2週間ほどおいてから牛糞と化成肥料を撒く。表面を平らにし、マルチの被せ方を学んでこの日の活動は終了。
「野菜がどんどん可愛くなってくるんですよ」、「我流で作業をしているので、相談できる仲間がいてくれて助かります」とランチを食べながら話すメンバーの皆さん。アットホームな雰囲気が同会の魅力だ。

問合せ 鈴木さん
TEL 090・6168・8504

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る