年間1400枚の雑巾 もろぎぬの会

 不用なタオルを集め、雑巾を手縫いし福祉施設などに寄付をしてきた茂原市下永吉在住の川島須美子さん(70)。「暮らしは簡素に、社会は豊かにという考えのもと4人で始めた」と話す。設立は今ほどボランティア活動をする人が多くなかった昭和63年。平成3年、茂原市社会福祉協議会にボランティアセンターができてから、今は亡きメンバーが諸々の布という意味の『もろぎぬの会』と名付け団体として登録した。 
 昨年、同協議会を通じ寄贈したのは10施設に1410枚。台風の被害を受けた市内の公共施設や個人宅の復旧にも利用されたそうだ。毎月最終月曜日午前、雑巾を縫うため代表の川島さん宅に集まる会員は12、3人。さらに家庭で縫う、タオルを寄付するという形で20人以上が協力する。会員たちは「リサイクルに貢献できるし、仕上がると達成感がある」、「老化防止になり、楽しい時間を過ごせる」、「お礼の手紙をいただくと恐縮する」などと慣れた様子で手を動かしながら話す。
 家庭に居ながら社会と関わりたいと自宅でバザーや子ども文庫を開いたこともある川島さんは「みなさんのお陰で続けられた。感謝している」と笑顔で何度も繰り返した。現在、タオルは同協議会が市民に呼びかけ集めている。

問合せ 茂原市社会福祉協議会
TEL 0475・23・1969

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る