茂原市に広がるコスモス畑 八田堰(はったせき)の環境を守る会

 茂原市の小林と長尾にまたがる八田堰の周りが、今年も満開のコスモスに包まれようとしている。かつては農業形態の変化に伴った耕作放棄地で、管理放棄されたことで里山の荒廃も進んでいた。『八田堰の環境を守る会』事務局長の矢部義明さんは、「ゴミは主に産業廃棄物でした。建物を解体した廃材のコンクリートや鉄筋もあり、重機を使っての作業は1年近くに及びました」と話す。
 活動は今年で6年目を迎える。約1.2ヘクタールに及ぶコスモス畑には農業用水のため池である八田堰もあり、水質汚染が懸念されたが幸い実害はなかった。「茂原市の花がコスモスということもあって、堰周辺で育てるようになりました。年間のスケジュールが決まっていて、草刈りをして、種を撒いて、草取りをする。今は機械を使っているけれど、初めは種まきも手でしていたんです」と矢部さん。努力の甲斐あって、一面のコスモスが咲き乱れるようになった堰の周辺は、茂原市の景観条例から保護地区として認められた。
 これまでの活動で大変だったことは、「多くの人に理解してもらい、賛同を得られるようになること」だという。現在、同会のメンバーは30名ほど。男性の方が圧倒的に多く、ほとんどが年配の方である。「同じ人が参加するのも大事なことです。しかし、世代を超えた人たちと協力し合って作り上げたいという気持ちも強くあります。活動を続けていくためにも必要です」と強く語った。
 景観が守られることで人々が集う場所にもなった。「今はジョギングをする人も見かけるし、市原市五井からスケッチをしに来る方もいる。綺麗になることも嬉しいが、それ以上に日々交流のない人とコミュニケーションを取れるようになることがいいと思います」と矢部さんは笑顔を見せた。1つのコミュニティへと変貌する八田堰を、継続して守っていく必要性は、現在のメンバーのみの手に委ねられるものではない。「綺麗だね」、「やるのが大変でしょう」という声の他にも「茂原にこんなところがあったんですね!」と驚きの声を聞くこともあるという。「もっと認知度を増やすことが大事」と分析する。
 今後について、矢部さんは「今の環境を維持していく努力をします。また、これからはもっと女性にも参加してもらいたいです。引退される農家の方も多いので、作業をする際の農業機械の確保も課題の1つです」と話す。今年も10月12日(日)に、『豊田コスモスまつり』と称して八田堰でコスモスのお披露目会が予定されている。まつりでは農産物や焼き芋、豚汁などの模擬売店が出店するほか、コスモスの摘み取りもできる。ぜひ秋を愛でてみてはいかが。

問合せ 矢部さん
TEL 0475・25・6151

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る