しっとりもっちり米粉でキッシュ

 液体と混ぜてもダマにならず、栄養価も高い米粉のレシピを研究する女性3人が、9月13日に『米粉料理教室in東金』の初回『米粉deブランチ』を東金市中央公民館で開いた。講師は山武市の自宅でパン工房を開く高田さんと東金市在住の主婦宮原さん。米粉を使ったキッシュと杏仁汁粉の作り方を参加者8人に伝授した。
 キッシュの台(1皿分)の材料は小麦粉80グラム、米粉40グラム、オリーブオイルと豆乳50ミリリットルずつ、塩少々。材料を軽く捏ね麺棒で伸ばし型に入れ200度のオーブンで15分焼くだけ。台に注ぐ卵液も卵2個と豆乳150ミリリットル、米粉小さじ2、塩、コショウのみ。参加者はアスパラとホタテ、ベーコンとシメジなどを載せた2種のキッシュを手早く完成させた。とろりとした杏仁汁粉の液は牛乳、米粉、砂糖、香料の杏仁霜で作り、もち米粉の白玉や地元産のアイスクリームなどを添えた。
 NPO法人さんさん味工房理事長も務める代表の櫻田晴美さんは「米粉は小麦粉や片栗粉同様お好み焼き、天ぷら、料理のとろみづけなどにも使える。家庭に常備してほしい」と勧める。今後月一回教室を開く予定。詳しいレシピは後述のURLにて。

https://sites.google.com/site/sansanajikobo/home

問合せ 櫻田さん
TEL 080・5055・5693

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5.  袖ケ浦市在住のすがみほこさんは切り絵作家として、名刺やウェルカムボード、店舗利用デザインを制作して日々精力的に活動中。また、amimum…
  6. 現在、歯科保健の分野では、高齢者においても歯の喪失が10歯以下であれば食生活に大きな支障を生じないとの研究に基づき、生涯にわたり自分の歯を…
  7. イソヒヨドリ  「ツツ ピーコ、ピィー」と高く澄んだ心地よい美声。かなり前に沖縄で、初めてこの鳴き声を聞いた時、観光案内のバスガイドさんの…
  8. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  9.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  10.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る