しっとりもっちり米粉でキッシュ

 液体と混ぜてもダマにならず、栄養価も高い米粉のレシピを研究する女性3人が、9月13日に『米粉料理教室in東金』の初回『米粉deブランチ』を東金市中央公民館で開いた。講師は山武市の自宅でパン工房を開く高田さんと東金市在住の主婦宮原さん。米粉を使ったキッシュと杏仁汁粉の作り方を参加者8人に伝授した。
 キッシュの台(1皿分)の材料は小麦粉80グラム、米粉40グラム、オリーブオイルと豆乳50ミリリットルずつ、塩少々。材料を軽く捏ね麺棒で伸ばし型に入れ200度のオーブンで15分焼くだけ。台に注ぐ卵液も卵2個と豆乳150ミリリットル、米粉小さじ2、塩、コショウのみ。参加者はアスパラとホタテ、ベーコンとシメジなどを載せた2種のキッシュを手早く完成させた。とろりとした杏仁汁粉の液は牛乳、米粉、砂糖、香料の杏仁霜で作り、もち米粉の白玉や地元産のアイスクリームなどを添えた。
 NPO法人さんさん味工房理事長も務める代表の櫻田晴美さんは「米粉は小麦粉や片栗粉同様お好み焼き、天ぷら、料理のとろみづけなどにも使える。家庭に常備してほしい」と勧める。今後月一回教室を開く予定。詳しいレシピは後述のURLにて。

https://sites.google.com/site/sansanajikobo/home

問合せ 櫻田さん
TEL 080・5055・5693

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  森や川に生息する動植物などを観察し、親子で自然を楽しみましょう!4月27日(土)、9月7日(土)、11月9日(土)の全3回に渡って行い、講…
  2.  いつの間にか春も盛り。寒いうちに庭木に寒肥(肥料)を与えておこうと思ったのに遅くなってしまいました。寒い時は庭仕事がどうしても億劫になって…
  3. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…
  4. 『リーダーハーフェン』は1982年結成の男声合唱団で、42年間その歌声を響かせてきた。構成は、トップテノール・セカンドテノール・バリトン・…
  5.  多くの映画ファンを虜(とりこ)にした女優オードリー・ヘプバーンを、前半・後半と2回に分けて掲載します。ヘプバーンは今でも日本や欧米諸国で人…
  6.  昔から『言葉3割、行動7割』という言葉があります。「子どもは親の言うことの3割までしか身に付けないが、親の行うことはその7割以上を身に付け…
  7.  市原市姉崎小学校を拠点に活動している剣道『錬心舘市原道場』。設立は1987年と長い歴史を持ち、小中学生を中心にこれまで数多くの卒業生を育て…
  8. 【写真】本須賀海岸(当写真は特別な許可を得て撮影しています)  マリンアクティビティのイメージが強い九十九里エリア。成田国…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る