バイオマスを学ぶ&ものづくり

 昨年末、山武市にある、さんぶの森交流センターあららぎ館でバイオマスについての講演とフラワーソープリース作りが行われ、11名が参加した。バイオマスとは、再生可能な生物由来の有機性資源のこと。汚泥や生ゴミ、家畜糞尿や間伐材などもバイオマスだ。生命と太陽がある限り、持続的に使えるバイオマスの利用は二酸化炭素を増やさないので、近年、問題視されている化石資源の減少や地球温暖化の解決法として期待されている。生ゴミや家畜糞尿は発酵させてメタンガスに、廃食用油の資源は自動車燃料へと転用されている。
 良質なサンブスギの有効活用を図るため、様々なバイオマス事業を行っている山武市。同館のバイオマス体験棟には、サンブスギとポリプロピレンを混ぜ合わせた木質バイオマスプラスチックで作られたブロックや小物、木質ペレットを燃料とするペレットストーブが展示されている。
 後半はフラワーソープ協会認定講師、百瀬百合さんによるリース作り。石鹸そのものから花を作るのではなく、でんぷんが練りこまれた石鹸で予め作られた花を好きな形にアレンジしていく。3つのフラワーソープを、花びらを広げながら大きいものから順に重ねていき、ピンで留める。ずらしながら重ねるのが綺麗に見えるポイント。石鹸は寒いと硬くなってしまうので形を作るのは意外と難しい。「今日は花びらの扱いに慣れてもらえれば」と百瀬さん。あとは造花と共にリースの好きな場所に配置すれば出来上がり。
 和やかな雰囲気で作業を進め、華やかなリースを手に笑顔の参加者。「楽しかった。バイオマスのことは初めて知り、勉強になりました」との声も。
 ふんわりと優しい色のフラワーソープリース、春を迎えるのにピッタリかも。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る