バイオマスを学ぶ&ものづくり

 昨年末、山武市にある、さんぶの森交流センターあららぎ館でバイオマスについての講演とフラワーソープリース作りが行われ、11名が参加した。バイオマスとは、再生可能な生物由来の有機性資源のこと。汚泥や生ゴミ、家畜糞尿や間伐材などもバイオマスだ。生命と太陽がある限り、持続的に使えるバイオマスの利用は二酸化炭素を増やさないので、近年、問題視されている化石資源の減少や地球温暖化の解決法として期待されている。生ゴミや家畜糞尿は発酵させてメタンガスに、廃食用油の資源は自動車燃料へと転用されている。
 良質なサンブスギの有効活用を図るため、様々なバイオマス事業を行っている山武市。同館のバイオマス体験棟には、サンブスギとポリプロピレンを混ぜ合わせた木質バイオマスプラスチックで作られたブロックや小物、木質ペレットを燃料とするペレットストーブが展示されている。
 後半はフラワーソープ協会認定講師、百瀬百合さんによるリース作り。石鹸そのものから花を作るのではなく、でんぷんが練りこまれた石鹸で予め作られた花を好きな形にアレンジしていく。3つのフラワーソープを、花びらを広げながら大きいものから順に重ねていき、ピンで留める。ずらしながら重ねるのが綺麗に見えるポイント。石鹸は寒いと硬くなってしまうので形を作るのは意外と難しい。「今日は花びらの扱いに慣れてもらえれば」と百瀬さん。あとは造花と共にリースの好きな場所に配置すれば出来上がり。
 和やかな雰囲気で作業を進め、華やかなリースを手に笑顔の参加者。「楽しかった。バイオマスのことは初めて知り、勉強になりました」との声も。
 ふんわりと優しい色のフラワーソープリース、春を迎えるのにピッタリかも。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る