基本は楽しむこと!歌のサプリメントで若返り効果!?

 茂原市にある東部台文化会館主催で、1月29日(木)、『ゴスペル・コーラス入門講座(全3回)』の最終回が開催された。講師はボイストレーナーの市原香代子さん。受講者31名は事前に配られた音源が録音されたCDを自宅で聴き、簡単に覚えてから練習に入った。「以前開催したゴスペル入門に参加していただいた方がまた来てくれたりしています。みなさん毎回きちんと覚えてきてくれることには驚きます。講座も3回しかありませんでしたが、本当に歌うごとに上達していました」と、市原さんは満足そうに話す。ゴスペルとは、アメリカ発祥の音楽ジャンルのひとつ。その音楽性は現在も進化しているが、かつてはアメリカに奴隷となって連行されたアフリカ人らが独自で神に捧げた讃美歌とされている。「自信がないから止めようと思ったけど、本当に楽しかったです」と話す受講者。曲は映画『天使にラブソングを』でも使用された『オー・ハッピーデイ』と、多くの歌手がカバーしている『ユー・レイズ・ミー・アップ』の2曲。講座は市原さんの弾くピアノの音に合わせてスタート、まずはウォーミングアップから。 「音は下から上げて行こうとしてもうまくいきません。高い音を出す時は、軽く上に乗せるように」と随所で丁寧な説明が入る。明るい声で笑う市原さんのキャラクターもあり、気持ちがほぐれたのか徐々に受講者の歌声が大きくなっていく。黒板に書かれた歌詞、列ではなくパートごとに集まって座るなど分かりやすさを重視。「こじんまりやっていてもつまらないので、間違えても楽しく歌いましょう。音は難しくありません。顔をあげて!」と市原さんが促すと、教室内の空気もヒートアップ。慣れないうちは飛んだり跳ねたりすると息が続かなくなるというが、受講者たちは思い思いに手拍子と足踏みを交えながら歌っていた。
歌の魅力を市原さんは、「笑顔で歌うことは、慣れていないとなかなかできないんです。話す仕事をしている方は頬の筋肉をよく使うので、若々しいですよね。歌も同じです。身体の中の免疫細胞が活性化されます。歌は食べ物ではないサプリメントと言う医師もいるんです」と話す。「年をとったからか高い声が出ないんです」という受講者もいた。高い声を出すには、いかに喉の筋力が鍛えられているかが大切。歌声を高いところから低いところに行ったり来たりさせて歌うピッチコントロールという手法が練習にオススメなんだとか。鍛えることで音域が広がり、歌も上達する。受講者たちは3月1日(日)、東部台文化会館で行われる『東部台文化会館まつり』にて舞台発表会を行う予定。開演は9時半からで、入場は無料。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る