施設退園後の児童を支援

 長生郡にある児童養護施設、一宮学園では、様々な事情により家庭で生活することのできない約150名の児童が共に生活をしている。「放課後、児童とおやつを食べながら雑談するのが楽しい。悪いことをして叱られたことをこそっと打ち明けてくれる子もいます」と話す長生村在住の浅生隆さん(67)は、そこで12年もの間、家具や建物の修理などを行う営繕作業員として働き、時には愚痴を聞く役を担いながら職員や児童の様子を見守ってきた。児童たちにとって、ホッと一息つける特別な存在。
 だが、18歳までの養護期間を終えて巣立つ児童たちの行き先に不安を覚える。金銭的にも精神的にも支えのない状態で自立を強いられる彼らは、借金を重ねたり不健全な職に就いてしまうことも珍しくない。就職がうまくいかず、一時的に戻ってくる児童もいる。何かできることはないかと平成24年に立ち上げたのが『一宮学園自立支援はじめのいっぽ後援会』。退園児童への心のケア、人・物・金銭支援とその呼びかけ、定期通信の発行などの活動に加え、今後は学園と協力し、退園前の非行予防教育に力を入れていく方針だ。
「通常の家庭なら、高校を卒業して結婚するまでは朝起きたら温かいご飯が待っている。大学や会社から帰宅すれば話を聞いてくれる親がいる。わずか18歳で全て自分でやっていかなければならない施設出身の児童たちを、温かい気持ちで社会が受け入れてあげなければ」と呼びかける。

問合せ 一宮学園自立支援はじめのいっぽ後援会 荒木さん
TEL 0475・42・2069

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『いちはら歯っぴい8020応援隊』は、市民の健康づくりのための活動を展開している市民団体。市原市主催の健康づくり講座を受講したメンバーの中か…
  2.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…
  3.  現在ブームが続いているキャンプ。アウトドアで密にならないこともあり、キャンプ場だけでなく、自宅の庭などで楽しむ手軽なタイプも人気だ。ただ、…
  4. 木々に囲まれた家で暮らしたい、理想の庭を作りたい、そんな思いで長い間ずっと温めてきた自身の夢、『森の中の家』に住まいを移してから今年の9…
  5.  市原市在住、須田和人さんのスポーツ指導者としての実績が素晴らしい。市内の高校陸上競技部顧問として15年連続、計62種目、延べ128名をイン…
  6.  長柄ダム湖畔の高台に建つロングウッドステーション。隣の大きな駐車場の一角には、昨年オープンした『太陽ファーム加工場』と、今年オープンした『…
  7. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『いちはら歯っぴい8020応援隊』は、市民の健康づくりのための活動を展開している市民団体。市原市主催の健康づくり講座を受講したメンバーの中か…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る