施設退園後の児童を支援

 長生郡にある児童養護施設、一宮学園では、様々な事情により家庭で生活することのできない約150名の児童が共に生活をしている。「放課後、児童とおやつを食べながら雑談するのが楽しい。悪いことをして叱られたことをこそっと打ち明けてくれる子もいます」と話す長生村在住の浅生隆さん(67)は、そこで12年もの間、家具や建物の修理などを行う営繕作業員として働き、時には愚痴を聞く役を担いながら職員や児童の様子を見守ってきた。児童たちにとって、ホッと一息つける特別な存在。
 だが、18歳までの養護期間を終えて巣立つ児童たちの行き先に不安を覚える。金銭的にも精神的にも支えのない状態で自立を強いられる彼らは、借金を重ねたり不健全な職に就いてしまうことも珍しくない。就職がうまくいかず、一時的に戻ってくる児童もいる。何かできることはないかと平成24年に立ち上げたのが『一宮学園自立支援はじめのいっぽ後援会』。退園児童への心のケア、人・物・金銭支援とその呼びかけ、定期通信の発行などの活動に加え、今後は学園と協力し、退園前の非行予防教育に力を入れていく方針だ。
「通常の家庭なら、高校を卒業して結婚するまでは朝起きたら温かいご飯が待っている。大学や会社から帰宅すれば話を聞いてくれる親がいる。わずか18歳で全て自分でやっていかなければならない施設出身の児童たちを、温かい気持ちで社会が受け入れてあげなければ」と呼びかける。

問合せ 一宮学園自立支援はじめのいっぽ後援会 荒木さん
TEL 0475・42・2069

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  2.  毎週水曜の11~13時、市原緑地運動公園内の臨海第2庭球場で練習を行うソフトテニス『サラシナクラブ』。今年スタートと新しく、現在会員募集中…
  3. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  4. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  5.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  6.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  7.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  8.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る