知識を得たら、いざ朗読・ナレーションデビュー!?

 2月21日(土)、山武郡市振興センターを会場に山武郡市視聴覚教材センター主催の『朗読・ナレーション講座』が開催された。講師が文化放送、及び千葉テレビで元アナウンサーを勤めた柴山ゆきえさんとあって、講座は募集を大きく上回る43名が参加。ボランティアで朗読をしている人も多く、どうしたら本を手にしていない人にもうまく伝えられるかを学んだ。
 「まず、声はお腹から。普段から声を出さないと出なくなりますよ。女性は腹式呼吸を習得しなければできません。呼吸法を覚えて、喉を丈夫にしましょう」と柴山さん。呼吸法の後は、アクセント・句読点がある時の間合いや歯切れについての細かい知識を勉強。「母音の無声化、鼻濁音など初めてきちんと教えてもらいました。普段何気なく話している言葉も奥深いですね」と受講者。そして、ついに実践。
 柴山さんの後に続いて、受講者は『テレビのナレーション文章』と『物語』の2種類を読み上げた。大切なのは、強弱・間合い・速度。口角を上げると感情が表れるようになるが、表情に気を配っていると普段話しているスピードでつい読み上げがち。1人ずつ練習する時になると、「だんだん声がしりすぼみしちゃっていますよ!」、「急に速くならないで」など柴山さんの鋭くしっかりとした指摘に、受講者は同じ文を何度も繰り返す。上手くなるには発声練習を繰り返すことが大切で6カ月はかかるというが、やり応え充分の講座だったのではないだろうか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る