知識を得たら、いざ朗読・ナレーションデビュー!?

 2月21日(土)、山武郡市振興センターを会場に山武郡市視聴覚教材センター主催の『朗読・ナレーション講座』が開催された。講師が文化放送、及び千葉テレビで元アナウンサーを勤めた柴山ゆきえさんとあって、講座は募集を大きく上回る43名が参加。ボランティアで朗読をしている人も多く、どうしたら本を手にしていない人にもうまく伝えられるかを学んだ。
 「まず、声はお腹から。普段から声を出さないと出なくなりますよ。女性は腹式呼吸を習得しなければできません。呼吸法を覚えて、喉を丈夫にしましょう」と柴山さん。呼吸法の後は、アクセント・句読点がある時の間合いや歯切れについての細かい知識を勉強。「母音の無声化、鼻濁音など初めてきちんと教えてもらいました。普段何気なく話している言葉も奥深いですね」と受講者。そして、ついに実践。
 柴山さんの後に続いて、受講者は『テレビのナレーション文章』と『物語』の2種類を読み上げた。大切なのは、強弱・間合い・速度。口角を上げると感情が表れるようになるが、表情に気を配っていると普段話しているスピードでつい読み上げがち。1人ずつ練習する時になると、「だんだん声がしりすぼみしちゃっていますよ!」、「急に速くならないで」など柴山さんの鋭くしっかりとした指摘に、受講者は同じ文を何度も繰り返す。上手くなるには発声練習を繰り返すことが大切で6カ月はかかるというが、やり応え充分の講座だったのではないだろうか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る