知識を得たら、いざ朗読・ナレーションデビュー!?

 2月21日(土)、山武郡市振興センターを会場に山武郡市視聴覚教材センター主催の『朗読・ナレーション講座』が開催された。講師が文化放送、及び千葉テレビで元アナウンサーを勤めた柴山ゆきえさんとあって、講座は募集を大きく上回る43名が参加。ボランティアで朗読をしている人も多く、どうしたら本を手にしていない人にもうまく伝えられるかを学んだ。
 「まず、声はお腹から。普段から声を出さないと出なくなりますよ。女性は腹式呼吸を習得しなければできません。呼吸法を覚えて、喉を丈夫にしましょう」と柴山さん。呼吸法の後は、アクセント・句読点がある時の間合いや歯切れについての細かい知識を勉強。「母音の無声化、鼻濁音など初めてきちんと教えてもらいました。普段何気なく話している言葉も奥深いですね」と受講者。そして、ついに実践。
 柴山さんの後に続いて、受講者は『テレビのナレーション文章』と『物語』の2種類を読み上げた。大切なのは、強弱・間合い・速度。口角を上げると感情が表れるようになるが、表情に気を配っていると普段話しているスピードでつい読み上げがち。1人ずつ練習する時になると、「だんだん声がしりすぼみしちゃっていますよ!」、「急に速くならないで」など柴山さんの鋭くしっかりとした指摘に、受講者は同じ文を何度も繰り返す。上手くなるには発声練習を繰り返すことが大切で6カ月はかかるというが、やり応え充分の講座だったのではないだろうか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…
  2.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  3.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  4.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  5.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  6. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  7. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  8.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

ピックアップ記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る