受け継がれる東浪見甚句を日本の宝に

 4月29日、長生郡一宮町にある玉前神社で開催された『さすが市』では、東浪見甚句保存会が『東浪見甚句』を披露した。指導者の松本勇子さんは、「東浪見甚句はかつて江戸時代に漁師の間で豊漁を願い祝う祝宴などで踊られていたものです」と説明する。その後、地元の民謡研究家である故・長谷川實さんが消滅を惜しみ数百もあったといわれる歌詞を整理して後世に残すためにレコード化した。
「昭和39年には無形文化財に指定されており、東浪見甚句保存会はオランダで行われた世界民俗芸能祭にも日本代表として派遣されています」と続ける松本さんは、「東浪見甚句を受け継いでいくことが祖父の願いでした。私はリレーのバトンを持てたようなものです」と想いを語る。東浪見甚句を2歳から習い始める子どももいて、近年悩まれることの多い継承者問題は無関係に見えるが、そうではないようだ。
「日本は歌や三味線、他にも伝統的な文化はたくさんありますが、どれも好きな人が自身のお金で頑張れという方針。教育も大事だけれど、後継者が育たないことは大きな問題」という松本さん。地域の機関に訴えることで、現在は東浪見小学校での指導が続いている。メンバーは約20名。それぞれが「緊張しない舞台はないですが、緊張することが大事です」と頷き合う。九十九里の海と先代の想いを想像しながら舞うという東浪見甚句は、見ているとどこか懐かしい気持ちにさせてくれる。

問合せ 松本さん
TEL 0475・32・0020

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る