~放っておいてほしい息子と構いたい母親~

 以前、元教師の先生が、「お母さんたちは男の子を構いすぎる。放っておきなさい」と、おっしゃっていたことがありました。ここで言う〝放っておく〟とは、口出し手出ししないで見守っていることですが、母親というのは、どうしても放っておくことが難しいようです。息子が困っていると心配し、可哀そうだと思い、ついつい「こうすればいいんじゃないの?」と答えやヒント、指示命令を与え過ぎる傾向にあるようです。もう一つ、放っておいた方がいい理由があります。母親は女脳で考えるので、あれこれと説明しますが、男脳で考える息子には、母親の言いたいことが、伝わっていないのです。その結果、「うるさいなー黙ってて」と息子が言うと「何なのその態度!あんたのために言ってあげてるのに!」となり、益々ヒートアップした結果、「うるせーくそばばぁ」と息子に言われるパターンが多いですね。
 男の子を観察してみると、何かを始める前にボーっとしていることがあります。母親から見ると、ボーっとしている暇があったら動けばいいのに、と思いますが、これは頭の整理をしている時間なのです。男の子にはこの時間が必要で、考えているときに横やりが入るのを嫌がります。必要な時には、自分から必要だと言ってくるので、それを待つことが大事で、待てないから口出し手出しするのでしょう。
 そう、男の子が大きくなったら父親の出番。息子のことは父親に任せて、放っておくのも子育てには必要だということです。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園理事長。エッセイスト。
http://www.en-sta.jp
連絡先 TEL.0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る