優雅な武術、太極扇

 「パンッ」大きな扇の音が小気味よく響く。扇を手に優雅に太極扇を舞うのは、茂原市東部台会館のサークル『彩虹太極拳クラブ』の皆さん。毎週火曜日、太極拳のあと11時から12時まで10名で活動を行っている。
 講師は茂原市在住、太極拳指導者の飯塚永紅さん(56)。中国の西安市出身で、幼少時代に体得、実感した太極拳の本質と良さを広く伝えたいとサークルを開いた。太極拳は中国武術の一派。周囲360度を視野に入れながら、均一のスピードでゆっくりと動く。体の一部だけではなく体内の「気」と共に全身を同時に動かしていくのが特徴だ。
 太極扇は、太極拳や太極剣など様々な武術に京劇の要素が加わった、歴史10年の新しい演武。練習中の「夕陽美太極功夫扇」は全6段で構成されており、1段と6段以外は素早い動きが入る。白蛇が舌を出している様、扇を広げ横を向いて片足で立ち、松を表現したりするなど動きひとつ一つに中国古来の伝説に由来する意味がある。「舞踏なので顔の表情も大切。太極拳と同じで、体幹ができて心も豊かになります」と飯塚さん。「わかりやすいレッスン。楽しみながら上達しています」、「太極拳と両方行うことで相乗効果が出る」とメンバーの声。新規メンバー募集中。

問合せ 飯塚さん
TEL 080・5004・8929

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…
  2.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  3.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  4.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  5.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  6.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  7.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  8.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…
  9. 「晴れたら市原、行こう。」をコンセプトに、2014 年からトリエンナーレ形式で開催されてきた「いちはらアート×ミックス…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る