優雅な武術、太極扇

 「パンッ」大きな扇の音が小気味よく響く。扇を手に優雅に太極扇を舞うのは、茂原市東部台会館のサークル『彩虹太極拳クラブ』の皆さん。毎週火曜日、太極拳のあと11時から12時まで10名で活動を行っている。
 講師は茂原市在住、太極拳指導者の飯塚永紅さん(56)。中国の西安市出身で、幼少時代に体得、実感した太極拳の本質と良さを広く伝えたいとサークルを開いた。太極拳は中国武術の一派。周囲360度を視野に入れながら、均一のスピードでゆっくりと動く。体の一部だけではなく体内の「気」と共に全身を同時に動かしていくのが特徴だ。
 太極扇は、太極拳や太極剣など様々な武術に京劇の要素が加わった、歴史10年の新しい演武。練習中の「夕陽美太極功夫扇」は全6段で構成されており、1段と6段以外は素早い動きが入る。白蛇が舌を出している様、扇を広げ横を向いて片足で立ち、松を表現したりするなど動きひとつ一つに中国古来の伝説に由来する意味がある。「舞踏なので顔の表情も大切。太極拳と同じで、体幹ができて心も豊かになります」と飯塚さん。「わかりやすいレッスン。楽しみながら上達しています」、「太極拳と両方行うことで相乗効果が出る」とメンバーの声。新規メンバー募集中。

問合せ 飯塚さん
TEL 080・5004・8929

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る