優雅な武術、太極扇

 「パンッ」大きな扇の音が小気味よく響く。扇を手に優雅に太極扇を舞うのは、茂原市東部台会館のサークル『彩虹太極拳クラブ』の皆さん。毎週火曜日、太極拳のあと11時から12時まで10名で活動を行っている。
 講師は茂原市在住、太極拳指導者の飯塚永紅さん(56)。中国の西安市出身で、幼少時代に体得、実感した太極拳の本質と良さを広く伝えたいとサークルを開いた。太極拳は中国武術の一派。周囲360度を視野に入れながら、均一のスピードでゆっくりと動く。体の一部だけではなく体内の「気」と共に全身を同時に動かしていくのが特徴だ。
 太極扇は、太極拳や太極剣など様々な武術に京劇の要素が加わった、歴史10年の新しい演武。練習中の「夕陽美太極功夫扇」は全6段で構成されており、1段と6段以外は素早い動きが入る。白蛇が舌を出している様、扇を広げ横を向いて片足で立ち、松を表現したりするなど動きひとつ一つに中国古来の伝説に由来する意味がある。「舞踏なので顔の表情も大切。太極拳と同じで、体幹ができて心も豊かになります」と飯塚さん。「わかりやすいレッスン。楽しみながら上達しています」、「太極拳と両方行うことで相乗効果が出る」とメンバーの声。新規メンバー募集中。

問合せ 飯塚さん
TEL 080・5004・8929

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る