のびのび子育て、ずっと暮らせる町を目指して

 消滅可能性都市とは、少子化や人口転出に歯止めがきかず、将来消滅する可能性のある自治体のこと。温暖な気候と器械根とよばれる水深20~30mの岩礁地帯に多くの魚が集まる日本有数の恵まれた魚場があり、昔ながらの里山の風景が残る夷隅地域も、高齢者人口が生産年齢人口を上回り、地域社会としの機能が危ぶまれている。そこで地元の有志らが持続可能な地域を目指し、里山・里海の資源循環を考えるトークセッションと地域振興や人口問題についての講演会を開催した。
 トークセッションでは現役の漁師、NPO法人として放置された竹林の整備や竹を使った商品開発を行っている団体、ココミュニティで有機稲作に取り組む営農組合、自然体験型の自主保育を行う代表らがそれぞれの活動を紹介。地域の夷隅地域に寄せる思いや活動内容、問題点を発表した。
 概して地元に住む人の多くは、地域には何も無く仕事も無いと考え、若者が仕事を得るために地元を離れるのもいたしかないと考えているという。しかし東京と比べ、夷隅地域の夏は涼しく冬は暖かく、東京まで電車で約1時間のアクセス。新鮮な食材も安く手に入るので暮らしやすく、住居や子育て支援が整うなら十分に若い世代の移住者を増やすことができると講演者。
 「私も移住者ですが、地域の特性を知り資源や人材を活用するなら、ずっと存続可能な地域になると信じています。そのためには私達が今後どう考え行動するかが大切。自治体を越えた人と人とのつながり、市民力が試されるのだと思います」と実行委員会代表の伊藤幹雄さん。
 会場には千葉の間伐材を粉砕、圧縮して燃料として使うストーブや竹炭などが展示され、訪れた人の関心を集めていた。いすみ市では今年から学校給食に地元農家が取り組んだ無農薬、有機栽培の米を使うと同時に「いすみっこ」というネーミングで一般にも販売。将来、野菜も含め地域の中の資源が循環するよう動き出している。地産地消、子育て支援など課題は多そうだが、徐々に成果をあげてきているようだ。

問合せ いすみ薪ネットワーク伊藤幹雄さん
TEL 090・1531・7931

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る