~おもちゃの取り合い、どうしたらいい?~

 ある日の一コマ。3歳のAちゃんがおままごとのおもちゃで遊んでいました。後からきた2歳のBちゃんがそのおもちゃで遊ぼうとしたとき、Aちゃんが「ダメ!」とおもちゃを独り占めして貸してくれません。Bちゃんは大泣き。その後、お互いが「イヤイヤ」になってしまい、ママたちはどうしたら良いものか、頭を抱えてしまいました。
 実は、2~3歳児に相手の気持ちを考えることとか、みんなのものだよと教えても理解するのは難しいです。こういう場合は、『かして』『いいよ』の言葉を教えてあげるといいですね。「お友だちが遊んでいるおもちゃを黙ってとらないよ。『かして』って言ってごらん」と促します。それに対して、使っている子どもには『いいよ』を教えてあげるのです。上手に貸し借りができたら、大げさに誉めます。貸してあげた子が嬉しそうに遊んでいる姿を見せることで、貸すことが楽しくなるでしょう。それを繰り返し教えてあげることで、だんだんと貸し借りができるようになり、友だちと遊ぶことが楽しいと思えるようになってくるでしょう。
 2~3歳児は、まだまだ自分中心なので、相手がどう感じるかということではなく、自分が楽しいか、うれしいか、悲しいか、イヤかで感じさせる方が効果的です。4~5歳くらいになれば、言葉も上手になってくるので、このようなトラブルは随分減ってきます。それまでは、繰り返し言葉を教えてあげるといいですね。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園理事長。エッセイスト。
http://www.en-sta.jp
連絡先 TEL.0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  2.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  3.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  4.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  5.  内房線の八幡宿駅西口から歩いて10分程にある飯香岡八幡宮は、白鳳3年(675)天武天皇の勅命により八幡宮として創建されたといわれています。…
  6.  長南町の野見金山に、全長1.4㎞のトレッキングロード『のみがね峻道』が完成した。地元有志が結成した『のみがね会』が、約4年の歳月をかけ整備…
  7.  秋の深まる足音が日々ゆっくりと近づいてきています。朝早くに犬と散歩するようになってからは、何か危険な物は落ちていないか、注意しながら足元に…
  8.  今年で11年目となるマザー牧場(富津市)のイルミネーション『光の花園』が11/3から始まった。標高300mの『山の上エリア』で、約60万球…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る