できたばかりの棉で糸をつむごう

 昨秋、東金青年の家で行われた『糸つむぎ体験』。主催の『わいわいおもしろ味熟』の竹内まさみさんは、「3回目を迎えたこの企画。棉は中心メンバーの3人の庭と2カ所の畑で育てたもので、白と茶色と緑の3色があります。昔、棉を栽培していたというお年寄りがいらしたこともあり、楽しんでいます」と話す。
 5月に種を撒き、夏までに花を咲かせ、秋になると花の後に実を付け、実が割れると棉がはじける。糸つむぎ体験では、その棉を綿くり機で伸ばし、綿うち・すきをしてから、糸をつむぐという工程。実を収穫して種を取り除くまでを棉、加工されたものを綿と表現する。棉を入れ、手動で綿くり機を動かす人は、「初めて体験したのに、どこか懐かしい感じがした」と言う。次の綿うち・すきはブラッシングのようなもの。丁寧にそこまで終わらせると、ついに糸つむぎ。親指と人差し指でつまみ出すように少量を引き、ねじりながら伸ばしていく。初めから細さを意識してしまうと糸を引くたびに切れやすくなり、あまり弱くねじるとよりが戻ってしまうなど気を付けるポイントも重要。
 「産地でもないのに珍しいなと思ってやってきました。楽しかったんですが、慣れるまでは時々手がつりそうになりました」と笑う女性や、「とっても楽しかった!」という地元の中学生2人組。「早い人は20分くらいで作業が終わるかも」という竹内さんの予想とは裏腹に、訪れた人々はいつまでも熱心に糸をつむぎ続けていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る