できたばかりの棉で糸をつむごう

 昨秋、東金青年の家で行われた『糸つむぎ体験』。主催の『わいわいおもしろ味熟』の竹内まさみさんは、「3回目を迎えたこの企画。棉は中心メンバーの3人の庭と2カ所の畑で育てたもので、白と茶色と緑の3色があります。昔、棉を栽培していたというお年寄りがいらしたこともあり、楽しんでいます」と話す。
 5月に種を撒き、夏までに花を咲かせ、秋になると花の後に実を付け、実が割れると棉がはじける。糸つむぎ体験では、その棉を綿くり機で伸ばし、綿うち・すきをしてから、糸をつむぐという工程。実を収穫して種を取り除くまでを棉、加工されたものを綿と表現する。棉を入れ、手動で綿くり機を動かす人は、「初めて体験したのに、どこか懐かしい感じがした」と言う。次の綿うち・すきはブラッシングのようなもの。丁寧にそこまで終わらせると、ついに糸つむぎ。親指と人差し指でつまみ出すように少量を引き、ねじりながら伸ばしていく。初めから細さを意識してしまうと糸を引くたびに切れやすくなり、あまり弱くねじるとよりが戻ってしまうなど気を付けるポイントも重要。
 「産地でもないのに珍しいなと思ってやってきました。楽しかったんですが、慣れるまでは時々手がつりそうになりました」と笑う女性や、「とっても楽しかった!」という地元の中学生2人組。「早い人は20分くらいで作業が終わるかも」という竹内さんの予想とは裏腹に、訪れた人々はいつまでも熱心に糸をつむぎ続けていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  2. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…
  3. 俳画と文 松下佳紀 太陽が沈んでも、まだ明るい夕空。そこに大粒の星がひとつ灯る。一番星だ。それを目敏く見つけた一番蛙が星と目を合わせケロロ…
  4.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  5.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  6.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  7.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  8.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  9.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  10.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…

ピックアップ記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…

イベント情報まとめ

  1. ◆イベント ●山野草即売会 6/23(日) 9〜15時 房総萬華園(多田ビニール内) 落合 tel.090-6310-9251  ●上総国…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る