できたばかりの棉で糸をつむごう

 昨秋、東金青年の家で行われた『糸つむぎ体験』。主催の『わいわいおもしろ味熟』の竹内まさみさんは、「3回目を迎えたこの企画。棉は中心メンバーの3人の庭と2カ所の畑で育てたもので、白と茶色と緑の3色があります。昔、棉を栽培していたというお年寄りがいらしたこともあり、楽しんでいます」と話す。
 5月に種を撒き、夏までに花を咲かせ、秋になると花の後に実を付け、実が割れると棉がはじける。糸つむぎ体験では、その棉を綿くり機で伸ばし、綿うち・すきをしてから、糸をつむぐという工程。実を収穫して種を取り除くまでを棉、加工されたものを綿と表現する。棉を入れ、手動で綿くり機を動かす人は、「初めて体験したのに、どこか懐かしい感じがした」と言う。次の綿うち・すきはブラッシングのようなもの。丁寧にそこまで終わらせると、ついに糸つむぎ。親指と人差し指でつまみ出すように少量を引き、ねじりながら伸ばしていく。初めから細さを意識してしまうと糸を引くたびに切れやすくなり、あまり弱くねじるとよりが戻ってしまうなど気を付けるポイントも重要。
 「産地でもないのに珍しいなと思ってやってきました。楽しかったんですが、慣れるまでは時々手がつりそうになりました」と笑う女性や、「とっても楽しかった!」という地元の中学生2人組。「早い人は20分くらいで作業が終わるかも」という竹内さんの予想とは裏腹に、訪れた人々はいつまでも熱心に糸をつむぎ続けていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る