一人暮らしの不安笑って分かち合う

 「1日中誰からも電話が来ない日や雨でどこにも外出できない日、ふと寂しく感じる夕暮れ時、自分一人だけじゃない、他にも同じ気持ちの人がいると思うとホッとできます」と優しい口調で話すのは『笑未会』代表、60代の池田好子さん。「今は寂しくても笑って楽しく過ごせる日が必ず来ますよ、という気持ちで名付けました」
 2年前に夫と死別した池田さんは、市の後押しを受け、一人で暮らす女性の会を立ち上げた。昨年11月、茂原市総合市民センターにて第1回を開くと、夫と死別や離婚などした参加者が用意したイスに座りきれないほど集まった。話を聞いてみると「今は元気だけど先が心配」、「何かあったときに頼れる人がいたら」、「些細な物音や風の音に怯える」などほとんどの女性が不安を抱えていた。
 第3回の1月の参加者は9人。介護タクシーや家事援助をしてくれる業者、冷蔵庫などに貼っておく緊急医療情報用紙、あんしん電話(緊急連絡装置)や医療費控除の申請の仕方などを教えあい、たわいないおしゃべりをしてのんびり過ごした。趣味の押し花やちぎり絵を楽しむ友人もいるという女性は、参加理由を「同じ境遇の相手となら、寂しさをわかってもらえそう。地元出身ではないのでもっと知り合いを作りたいと思います」と話す。
 池田さんは「まだ、お互いを知り合う段階。参加者が固定してきたら、会の方向を決めていきたい。ハイキングやお花見など戸外へも出かけたいですね」と今後について考えている。対象は6080歳ぐらい、毎月第4火曜日13時15時、同センターに自力で来られる方。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…
  2.  上総国分寺は市原市国分寺台地区、市原市役所近く。市役所から見ると道路を挟んだ市民会館の裏手になります。今から1250年ほど前に建立され、現…
  3.  大多喜町で工房・阿弥陀窯(あみだよう)代表の陶芸家として活動している井口峰幸(たかゆき)さん(65)。今年1月、自身が長年研究し続けてきた…
  4.  長南町の緑豊かな田園風景のなか、茅葺き屋根の古民家と周囲に咲くハナショウブ。風情ある花スポット、白井『田園』だ。「母屋は祖父が建てたもので…
  5. 『フレイル』とは健康と要介護の中間期。加齢で心身の活力が低下した虚弱状態を意味する。フレイル予防事業に取り組む市原市は3月23日、フレイル…
  6. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る