ユニバーサルホッケーで日頃の運動不足を解消へ!?

 茂原市市民体育館で活動している『茂原UJC(ユニバーサルホッケージュニアクラブ)』。ユニバーサルホッケーとはスウェーデン発祥の『インネバンディ』をもとにして、ルールや用具が日本で開発された独自のスポーツ。バスケットボールコート程度を基準とし、1チーム6名のメンバーがお互いにコート内でスティックを持ち、手で掴める大きさの軽いボールをパス・ドリブル・ゴールするという簡単なルールで行われる。
 「スティックはプラスティックで1mほど。試合時間は10分。意外と運動量はありますが、老若男女楽しめるスポーツです」と話すのは、同クラブ代表の岡田貞則さん。ユニホッケーを始めて15年ほどだが、きっかけは自身の子どもがクラブに通っていたことだった。「他の方もそうですが、子どもがやっているのを見て自分も始めた方はとても多いです。大人の方が夢中になってしまう。でも、今は子ども達の数が激減している」ことが、悩みだという。同クラブのメンバーは13名。1992年の設立以降、全国大会で準優勝した時代もあった。
 今も年6回の大会参加を目指しているが、人員確保に苦労することさえある。だが、課題はあるが、メンバーの顔は明るい。1月28日に同体育館で開催された新春大会にメンバーたちは、一般・シニアの部で出場した。青と黄色のユニホームを着て、声を掛け合いゴールを狙う。何度もコートを往復し、相手チームからボールを奪うことを諦めない。スティックは膝より上に振り上げない。相手選手に身体接触しない。ボールを蹴らない。ゴールエリアに身体の一部を入れない。など、いくつかのルールを基に駆け抜ける。コートを高く飛ぶボールに視線が集まる。息を切らせぬ10分間が続いた。
 「相手のプレーを予測できないため、主導権を握られてしまう。練習ではできても試合になると緊張してしまう。体力的な問題はないので、いかに視野を広く持ち、心に余裕をもてるかですね」と語るのは、監督の風戸宏孝さん。一般の部メンバー小野田拓朗さんも、「イメージしていることを実際にやるのが難しいです。でも、小学生の時から一緒にやっている仲間もいるので、家族のようにメンバーを信頼しています。これから小さい子が入ってきてくれたら、優しく指導してあげたいですね」と続けた。
 スティックの面をボールに並行に当てるだけでまっすぐに飛ぶ。ゴールした瞬間は、どんなにか気持ち良いだろう。「腕力や足の速さは関係ありません。過去にスポーツを経験されていなくても大いに楽しめますよ」と岡田さんは言う。同クラブは年齢性別を問わず、メンバーを募集している。月会費大人は1300円、小・中・高校生1000円。詳細は問合せを。

問合せ 岡田さん
TEL 090・2739・8982

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  2.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  3.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  4.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  5.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  6.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  7.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  8.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る