ユニバーサルホッケーで日頃の運動不足を解消へ!?

 茂原市市民体育館で活動している『茂原UJC(ユニバーサルホッケージュニアクラブ)』。ユニバーサルホッケーとはスウェーデン発祥の『インネバンディ』をもとにして、ルールや用具が日本で開発された独自のスポーツ。バスケットボールコート程度を基準とし、1チーム6名のメンバーがお互いにコート内でスティックを持ち、手で掴める大きさの軽いボールをパス・ドリブル・ゴールするという簡単なルールで行われる。
 「スティックはプラスティックで1mほど。試合時間は10分。意外と運動量はありますが、老若男女楽しめるスポーツです」と話すのは、同クラブ代表の岡田貞則さん。ユニホッケーを始めて15年ほどだが、きっかけは自身の子どもがクラブに通っていたことだった。「他の方もそうですが、子どもがやっているのを見て自分も始めた方はとても多いです。大人の方が夢中になってしまう。でも、今は子ども達の数が激減している」ことが、悩みだという。同クラブのメンバーは13名。1992年の設立以降、全国大会で準優勝した時代もあった。
 今も年6回の大会参加を目指しているが、人員確保に苦労することさえある。だが、課題はあるが、メンバーの顔は明るい。1月28日に同体育館で開催された新春大会にメンバーたちは、一般・シニアの部で出場した。青と黄色のユニホームを着て、声を掛け合いゴールを狙う。何度もコートを往復し、相手チームからボールを奪うことを諦めない。スティックは膝より上に振り上げない。相手選手に身体接触しない。ボールを蹴らない。ゴールエリアに身体の一部を入れない。など、いくつかのルールを基に駆け抜ける。コートを高く飛ぶボールに視線が集まる。息を切らせぬ10分間が続いた。
 「相手のプレーを予測できないため、主導権を握られてしまう。練習ではできても試合になると緊張してしまう。体力的な問題はないので、いかに視野を広く持ち、心に余裕をもてるかですね」と語るのは、監督の風戸宏孝さん。一般の部メンバー小野田拓朗さんも、「イメージしていることを実際にやるのが難しいです。でも、小学生の時から一緒にやっている仲間もいるので、家族のようにメンバーを信頼しています。これから小さい子が入ってきてくれたら、優しく指導してあげたいですね」と続けた。
 スティックの面をボールに並行に当てるだけでまっすぐに飛ぶ。ゴールした瞬間は、どんなにか気持ち良いだろう。「腕力や足の速さは関係ありません。過去にスポーツを経験されていなくても大いに楽しめますよ」と岡田さんは言う。同クラブは年齢性別を問わず、メンバーを募集している。月会費大人は1300円、小・中・高校生1000円。詳細は問合せを。

問合せ 岡田さん
TEL 090・2739・8982

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る