ユニバーサルホッケーで日頃の運動不足を解消へ!?

 茂原市市民体育館で活動している『茂原UJC(ユニバーサルホッケージュニアクラブ)』。ユニバーサルホッケーとはスウェーデン発祥の『インネバンディ』をもとにして、ルールや用具が日本で開発された独自のスポーツ。バスケットボールコート程度を基準とし、1チーム6名のメンバーがお互いにコート内でスティックを持ち、手で掴める大きさの軽いボールをパス・ドリブル・ゴールするという簡単なルールで行われる。
 「スティックはプラスティックで1mほど。試合時間は10分。意外と運動量はありますが、老若男女楽しめるスポーツです」と話すのは、同クラブ代表の岡田貞則さん。ユニホッケーを始めて15年ほどだが、きっかけは自身の子どもがクラブに通っていたことだった。「他の方もそうですが、子どもがやっているのを見て自分も始めた方はとても多いです。大人の方が夢中になってしまう。でも、今は子ども達の数が激減している」ことが、悩みだという。同クラブのメンバーは13名。1992年の設立以降、全国大会で準優勝した時代もあった。
 今も年6回の大会参加を目指しているが、人員確保に苦労することさえある。だが、課題はあるが、メンバーの顔は明るい。1月28日に同体育館で開催された新春大会にメンバーたちは、一般・シニアの部で出場した。青と黄色のユニホームを着て、声を掛け合いゴールを狙う。何度もコートを往復し、相手チームからボールを奪うことを諦めない。スティックは膝より上に振り上げない。相手選手に身体接触しない。ボールを蹴らない。ゴールエリアに身体の一部を入れない。など、いくつかのルールを基に駆け抜ける。コートを高く飛ぶボールに視線が集まる。息を切らせぬ10分間が続いた。
 「相手のプレーを予測できないため、主導権を握られてしまう。練習ではできても試合になると緊張してしまう。体力的な問題はないので、いかに視野を広く持ち、心に余裕をもてるかですね」と語るのは、監督の風戸宏孝さん。一般の部メンバー小野田拓朗さんも、「イメージしていることを実際にやるのが難しいです。でも、小学生の時から一緒にやっている仲間もいるので、家族のようにメンバーを信頼しています。これから小さい子が入ってきてくれたら、優しく指導してあげたいですね」と続けた。
 スティックの面をボールに並行に当てるだけでまっすぐに飛ぶ。ゴールした瞬間は、どんなにか気持ち良いだろう。「腕力や足の速さは関係ありません。過去にスポーツを経験されていなくても大いに楽しめますよ」と岡田さんは言う。同クラブは年齢性別を問わず、メンバーを募集している。月会費大人は1300円、小・中・高校生1000円。詳細は問合せを。

問合せ 岡田さん
TEL 090・2739・8982

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る