生まれ変わった古民家で木の香りを楽しんで

 2月8日(木)から12日(祝)にかけて、長生郡長南町の古民家で開催された『jazzyな木工フェス』。開催地の古民家は築100年の元中村青果店を、ウルトラ古民家防衛軍さんが大きくリノベーションして完成したもの。「ウルトラ古民家防衛軍は、古民家を後世に残したいと考える大工さん、職人、一級建築士によるプロ集団です。この1年でリノベーションしたのは、この物件を含めて5軒です。ニーズが高まり、やり甲斐を感じます」と、軍団員の長谷川朋之さん(51)は話す。
 彼はかつて都内在住だったが、住みやすさを求めて長南町へ移住した。今回『jazzyな木工フェス』と名付けた理由を「即興演奏のように、形状や木目模様、木材の持ち味から思いつきでアレンジする事を楽しみたいからです。廃材や流木だってアートですよ」と、長谷川さんは続けた。
 その通り、商品の置いてある長い木を縦に転換するだけで木目調や形の変化で印象が大違いだ。青果店時代は商品を陳列していたエリア、住居部分の洋室と和室があった。2部屋の壁を撤去したことで視界が大きくすっきりとし、沈下を修正し傾いていた家が水平になり、開かなくなっていた扉の開閉はスムーズになった。 展示スペースには、アンティークの小箪笥や化粧箱、陶器などがならべられている。彼らの古民家の持ち味を損なわず、古民家らしい魅力を高めるというモットーやセンスがリノベーションには必須事項。
 また、建築に限らず、調度品や暮らしへの提案に至るまでメンバーの趣味が活かされていて、この日は季節の木々が個性的に飾られ部屋が明るくなっていた。そしてストーブの上の焼き芋、木の香りが心地良く漂い、どこか懐かしい気持ちにさせてくれる。
 来訪者も長南町内だけに留まらず、大網白里市や東金市などからと幅広く、「似たようなのが家にもあるけれど、木の色使いなどが断然味があるわね」などと感想を話していた。
 同時に開催されていたワークショップでは、実際にケヤキの木を使ってチーズボードや鍋敷きなどを制作。約230坪あるという敷地にはミニキャンプができる広場、その奥にはこんもりとした森の大自然。家の表は商店街通り、裏は森というギャップもたまらない魅力なのだとか。
 「今、空き家や古民家はとても多いです。古民家は持ち主にとっては不要な物かもしれませんが、反対に古民家に好んで住む人達もいます。少額で最低限のリノベーションをするだけで家屋は生まれ変わるんです。そんな、古い物件が好きな方々に楽しく住んでいただくことを主題にしていきたいです」と、長谷川さんは熱く語った。

問合せ ウルトラ古民家防衛軍長谷川さん
info@tomohasegawa.jp
http://kominka.tomohasegawa.jp/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る